各地で警戒 月曜は台風・大雨・猛暑列島

2日(月)は沖縄では台風7号の接近で大荒れに。西日本は大雨、そして関東や東北は猛暑と各地で災害に警戒が必要です。

台風7号は2日(月)未明から明け方にかけて沖縄地方に最も接近する見込みです。その後、3日(火)にかけて九州にも近づくおそれがあります。
台風本体の雨雲がかかる沖縄では1時間に70ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。また2日(月)にかけて暴風も吹き荒れ、大荒れの天気に変わってきます。


台風7号の特徴は、
■動きが比較的遅い。
■台風の中心から南東側に活発な雨雲がある。
ということです。このため沖縄では中心が離れ始めても荒れた天気が続きそうです。
大雨エリアは沖縄だけではありません。九州や四国の太平洋側には台風からの湿った空気が流れ込むため同じようなところに雨雲がかかり続けます。西日本ではここ数日の大雨で土の中の水分量が多くなっています。ここにさらなる大雨が降るため土砂災害など警戒が必要です。


【予想雨量】
■2日(月)夕方まで最大
沖縄250ミリ、四国200ミリ、九州南部・奄美150ミリ、九州北部120ミリ
■3日(火)夕方まで最大
四国・九州南部300~400ミリ、九州北部200~300ミリ、奄美100~200ミリ、沖縄50~100ミリ
【予想最大瞬間風速(2日(月)にかけて)】
沖縄45メートル
九州北部・九州南部・奄美35メートル
【波の高さの予想】
沖縄8メートル、九州北部・九州南部・奄美7メートル

2日(月)の最高気温は軒並み30℃以上で、関東や東北の内陸(山形、会津若松(福島)宇都宮、前橋、熊谷(埼玉)で35℃予想)は猛烈な暑さが予想されます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください