ゾゾ、「オーダー紳士服」販売に至った舞台裏

男性用オーダースーツの登場は、既存のアパレル業界にさらなる衝撃をもたらすのか――。
ファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイは今年1月、採寸用ボディスーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」での計測データを基に、オーダーに近いかたちで生産するPB(プライベートブランド)の販売を開始。これまでシャツやデニムのみの展開だったが、7月3日に都内で開いたメディア向け発表会で、男性用スーツをラインナップに追加したことを明らかにした。

スタートトゥデイの発表後、紳士服メーカー各社の株価は急落。フルオーダーで、スーツとシャツのセット2万4800円(税込み)というお試し価格の設定も大きなインパクトを与えた。世界72の国・地域でのPB販売にも乗り出し、約10万人にゾゾスーツとPBのTシャツ、デニムを無料配布するという。オーダースーツを開発した狙いや、今後の世界展開に向けた戦略について前澤友作社長に聞いた。

 

■スーツ業界から中途入社してきた社員

 ――今回発表したオーダースーツは以前からやりたかったものですか。

このPBの構想が出たときから頭の中にやりたい思いがありました。ただまさかこんなに早く実現できるとは思わなかったです。

たくさんのスーツ関係のプロフェッショナルの皆さんが、スーツ業界が抱えていた課題をなんとか解決したいという思いで当社に入ってきています。つるし(既製品)で販売していくのは限界がある。既製サイズで似合う方は似合うのでしょうけど、そうでない方もたくさんいる。同時にオーダースーツの心地よさを、スーツの世界で働いていた方は体感している。その実現が一番近そうなゾゾで一緒にやりたいと、入社してきています。

 ――オーダースーツの発売を発表後、紳士服メーカー各社の株価が下落しました。

存じ上げています(笑)。ちょっと過剰に反応しすぎなんじゃないかなとも思いますが・・・・・・。

――紳士服メーカーとも戦えるだけの商品はできたと思いますか。

そこはちょっと自信がありますし、そうじゃないと出さない。あの価格、さらにフルオーダーに近い形式で、というところにわれわれの価値がある。他社と同じものをやってもしようがない。(製造面で)一番難しいのはパターンですね。一人一人に合ったパターンを半自動的に、ほぼリアルタイムで生成する。そこの技術開発は難しかったですね。

 ――これまでのPBは(既存の複数の型紙の中から一番体型に近いものを選ぶ)パターンオーダーでの生産ですが、今回のスーツとドレスシャツは(顧客の体型に合わせてパターンから作る)完全オーダーです。

パターンオーダーでは対応しきれないくらい、膨大な数のパターンを用意しないといけなくて、事実上無理でした。(6月に発売した)オックスフォードシャツはパターンオーダーで数万以上のパターンを用意してやっていますが、もう限界です。

 ――新たなゾゾスーツの開発においては3億円でアイデアを買いましたが、こうしたオーダー生産の技術も外部から買ったアイデアがありますか。

一部あります。あるんですけど、(内容の)公表はできません。アイデアはあっても実際は作っていないとか、作ってみたけど実用化には程遠いとか、そういう方々が実はたくさんいる。一部の方と話を進め、アイデアを買ったり協業したりしています。

■「見切り発車でなんぼだ」

――初代ゾゾスーツが量産化できず失敗したことは、やや見切り発車の印象を受けました。

 そういう意味ではわれわれはつねに見切り発車です。新しくて誰もやっていないことにチャレンジを続けている会社なので、「見切り発車でなんぼだ」というところも正直あります。

ただご心配やご迷惑をおかけするので、気づいたら僕はいつも半分くらい謝っている気がします。その半面、喜んだり驚いたりもしてもらえているのかなと思うので、見切り発車が続く可能性はあります。ですが、果敢に攻めていきたいですね。

――ゾゾスーツでの計測の誤差を指摘する声も出ています。

 エラーの数もリリース当初よりは減った。精度誤差も少なくなっているとは思う。一部で光の当たり方や、背景に映り込んだものの影響などでご迷惑をおかけしているケースが散見される。ソフトウエアの改良で日々よくなっているので、このまま頑張っていきます。

――PBが発売されて半年余りですが、売れ行きの手応えは。

新作が出ると結構買ってくれますね。新作が出れば出るほどリピーターも増えますし、年間購入金額も増える、という予感があります。

 ――世界72の国・地域で販売も始めました。世界展開での課題は。

海外ではゾゾといっても誰も知らない。認知さえ進めば、「面白いことやっているね」と、ある層の方々には比較的早いタイミングで知れ渡る気がします。ただそこから利用いただいて、国内と同じように喜んでもらえたり感動してもらえたりするかはまだわからない。

■やりたいアイテムは50~100点

――どう認知度を高めていきますか。

まず10万人の方にゾゾスーツやデニム、Tシャツを無料配布して、(測定から)一連の流れを体感いただく。感動いただけたなら、友達や家族に伝えるのもよし、メディアが記事にしていただけたらラッキー。そんな感じでとりあえずやってみようとスタートしました。

 世界72の国・地域の皆さんの好みを把握しているわけではないので、「意外とこの国の方はぴったりと着るのが好きなんだ」とか、国や地域による嗜好性をちゃんと把握してデータ化することも大事。国ごと地域ごとに分析していく必要があります。

――商品開発で重視する点は。

(PBは)デザイン性のある商品と違って定番ものなので、どんどんクオリティを上げていく。目に見えない努力をしていくことが大事です。やりたいアイテムは50~100くらい見えているので、それをしっかりと作っていく。

 ベーシックを基本とすることを変えるつもりはない。将来的には入れたいロゴをプリントできるサービスなど、人が思うデザインの数ほどデザインが増えていく可能性はあります。ですから皆さんが将来デザイナーになるかもしれないですね。

――現在のPB生産は中国の契約工場で?

そうです。今後、国内の工場をなるべく自分たちでやりたいなという思いもあって。国内で自社工場を作ってみたいです。巨大な工場でなくてもよい。やっぱり自分たちのおひざ元にものづくりの現場があるのは大事なことだと思うので。そこのスタッフも自前で雇うなど、すべて自分たちでやるからこそ、われわれにしかできない強みになる。

 現在は契約工場さんとは親密にやらせていただいているので、事実上われわれのものしか作っていないような工場もあります。

――エンジニアなど人材確保にも力を入れています。今年4~5月にかけて天才を最高年収1億円で募集していましたが、反応はありましたか。

実は数人、すでに採用しています。(年収が)1億円かどうかは秘密ですが。プロフェッショナルな、オタク的な領域をいくつか持ち合わせている方が多いです。そういう領域と領域の掛け合わせによって、まだ誰も見たことがないようなものが生まれる。話の発想が右斜め上でとんでもないところに行くので面白いです。

 天才の募集は僕が言ったアイデアではなくて、現場が勝手に考えて、「面白いじゃん、やってみな」と。最近はこうしたアイデアが現場から積極的に出てきて、僕は承認するだけになってきた。ただ、最初は現場からは「天才を5000万円で」とあったが、「え、1億でもいいんじゃない」と僕が言ったというのが本当のところです。

■「自分から発信していきたい」

――それにしても、スタートトゥデイとしてメディア向けの発表会を開催するのは珍しいですね。

 この数年内ではなかったですね。そもそも僕が取材をなかなか受けていなかったので、皆さんの前に出ることもなかった。

――なぜ最近まで取材も受けなかったのですか。

特にお伝えしたいこと、強い思いがそこになかった、という理由があります。事業報告や予算の見通しは決算説明会で言っているので、それを一部メディアの皆さんが記事にしていただければそれでいいかなと思っていた。

ただ今回のPBは、その背景にある思いや経緯など、自分の口で話した方がいいことが多い。だからこのような機会をいただいています。あとは創業20周年を無事に迎えられた感謝の気持ちや、ようやく世界展開のスタートラインに立てたという気持ちもあります。最近は自分から発信していきたいと強く思っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください