中古スマホ「品質格付け」へ…データ消去も保証

総務省と中古スマートフォンの業界団体は、中古スマホの普及拡大策に取り組む。近く両者で検討会を設置し、消費者が安心して購入できるような民間の指針を10月にも策定する。中古スマホ市場が活性化すれば、消費者の購入費や通信料の負担軽減が期待できそうだ。

検討会には「TSUTAYA(ツタヤ)」や「ゲオ」など中古スマホを売買する事業者の団体と、スマホを修理する事業者が加盟する団体が参加する。

民間指針では、傷や電池などの状態に応じて品質を「S」「A」「B」などと等級で表示するルールを検討する。消費者が中古スマホの品質を見極めて、購入しやすくするためだ。新品志向が強く、中古の購入者が比較的少ないという事情を踏まえた。

また、スマホ内の個人情報やデータを完全に消去することを保証するルールも指針に盛り込む。データの取り扱いを懸念する消費者を考慮し、中古業者に安心してスマホを売却できるようにする。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください