劇場版「美少女戦士セーラームーン Crystal」キャラデザはシリーズおなじみの只野和子

 6月30日に開催された「美少女戦士セーラームーン」シリーズの主人公・月野うさぎの誕生日記念イベント「USAGI BIRTHDAY SPECIAL PARTY 2018」内で、劇場アニメ「美少女戦士セーラームーン Crystal 第4期 デッド・ムーン編」のキャラクターデザインを、只野和子が担当することが発表された。

同作は、月野うさぎ(セーラームーン)らセーラー服美少女戦士たちの戦いを描く、武内直子氏の漫画「美少女戦士セーラームーン」の再アニメ化作品。2014年に第1期「ダーク・キングダム編」、2015年に第2期「ブラック・ムーン編」が配信(15年に地上波放送)され、2016年には第3期「デス・バスターズ編」が地上波放送された。第4期「デッド・ムーン編」は劇場版前後編で、第3期に引き続き今千秋が監督を務める。

只野は、1990年代に一世を風びしたテレビアニメ「美少女戦士セーラームーン」「美少女戦士セーラームーンR」や、「劇場版美少女戦士セーラームーンR」でキャラクターデザインや作画監督を担当し、シリーズファンから根強い支持を獲得しているアニメーター。只野は「25年前に携わった作品に、新たに参加できるとは夢にも思いませんでした。今でも世界中で愛されている作品に、再びキャラクターデザイナーとして関わることができて、とてもうれしいです。後期シリーズは初デザインということもあり、より緊張感を持って取り組んでいきたいと思います」と意気込みのコメントを寄せている。

また、武内氏の作品を集めた書籍「武内直子文庫コレクション」が今秋、刊行されることも明らかになった。「美少女戦士セーラームーン」シリーズからは、毎月2冊がラインナップされる。

さらに、9月21~30日に東京・TBS赤坂ACTシアターで開催される、「乃木坂46」によるミュージカル版「美少女戦士セーラームーン」のダイジェスト映像も公開。山下美月がうさぎを演じる「Team MOON」と、井上小百合がうさぎ役の「Team STAR」それぞれが登場する映像で、5人のセーラー戦士たちのそろい踏みシーンや、セーラームーンによる「月にかわっておしおきよ!」の決めポーズなどが収録されている。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください