演出家の浅利慶太さんが死去 85歳 劇団四季の元代表

劇団四季の元代表で「キャッツ」や「ライオンキング」などのミュージカル上演を手掛けた演出家の浅利慶太(あさり・けいた)氏が今月13日午後5時33分、悪性リンパ腫により、都内の病院で死去した。85歳。東京都出身。18日、劇団四季の公式サイトで発表された。

葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻で女優の野村玲子(のむら・りょうこ、本名浅利玲子=あさり・りょうこ)さん。後日、お別れの会を開く予定。

浅利さんは慶大文学部仏文学科在学中の1953年に、日下武史(故人)さんら10人で劇団四季を創立。以来、劇団代表・演出家として、ストレートプレイからミュージカルまで、ほぼ全作品のプロデュースや演出を手掛けた。

「ウェストサイド物語」、「コーラスライン」、「ライオンキング」等の海外作品翻訳上演、「夢から醒めた夢」、「ユタと不思議な仲間たち」、「昭和の歴史三部作(『ミュージカル李香蘭』/『ミュージカル異国の丘』/『ミュージカル南十字星』)」等、オリジナルミュージカルを手掛け、日本にミュージカル文化を定着させた。

また、1983年初演の「キャッツ」では、日本初となるロングラン公演を成功させるなど、日本演劇の興行形態に革新をもたらし、また「ライオンキング」は公演回数が1万回を超え国内の演劇として最多記録を更新した。劇団外の活動として、オペラの演出も手掛けたほか、19988年には、長野冬季オリンピック開閉会式のプロデュース・演出も担当した。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください