eスポーツと五輪の関わり討論=IOCがフォーラム開催

【ローザンヌ(スイス)時事】国際オリンピック委員会(IOC)と、非五輪競技団体を含む国際競技連盟連合(GAISF)は21日、コンピューターゲームで勝敗を競う「eスポーツ」と五輪との将来的な関わりなどを討論するフォーラムをスイスのローザンヌで初開催した。

IOCのバッハ会長はeスポーツの選手と意見を交わし、「伝統競技と共通する価値観もある。彼らは人々に情熱を与えている。早急な解決は求めず、対話を続ける」と述べた。バッハ会長は将来的な五輪採用には柔軟な姿勢を示している。

フォーラムにはeスポーツの選手や関係者、各国際競技団体や各国オリンピック委員会の関係者らが出席。eスポーツの実演も行われた。

eスポーツは今夏のジャカルタ・アジア大会で公開競技として行われ、中国・杭州での2022年大会で正式競技になる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください