上沼恵美子、夫との関係悪化 「夫源病」で結婚41年目の別居

 タレントの上沼恵美子(63才)が、結婚41年目となる夫と別居状態にあることが明らかになった。

 7月中旬の週末。大阪市内から車で40分ほどの高級住宅地にある約100坪、3階建ての豪邸は雨戸をすべて閉め切り、ひっそりしていた。午前11時、宅配便の配達員がこの家を訪れると、ひとりの女性が玄関に姿を現して荷物を受け取る。その後、女性はペットホテルから帰ってきた愛犬を玄関で迎えた。

 翌日の午後、うだるような暑さの中を女性は帽子を深めにかぶり、サングラスとマスクで顔を覆って外出した。彼女が家を出ると、がらんとした豪邸を静寂が包んだ。この女性が上沼。今、この豪邸に彼女以外の住人はいない。

 上沼は17才の時に姉・万里とともに漫才コンビ「海原千里・万里」としてデビュー。1977年に関西テレビのディレクターだった上沼真平さん(71才)と結婚すると芸能界をスッパリと引退した。

 だが翌年、「専業主婦は耐えられない」と本名で芸能界に復帰すると、歯に衣着せぬ本音トークで人気を博し、“西の女帝”として数多くの冠番組を獲得。1994年から、2年連続でNHK紅白歌合戦の紅組司会を務めるなど、関西では誰もが知る名司会者となった。

「恵美子さんは売れっ子になってからも毎朝、自分の仕事に出る前に家事をこなして真平さんを送り出していました。真平さんはいわゆる“昭和のお父さん”で家事はすべて妻任せ。恵美子さんは忙しい日々を過ごしながらも、“本業は主婦”という思いで亭主関白な夫に尽くしていました」(上沼の知人)

 家庭を第一にする上沼だが、テレビでは家族にモノ申すことが多かった。

「以前は姑についてのネタが“鉄板”で、『22才で出産した頃、赤ちゃんの夜泣きで姑から散々イヤミを言われて地獄だった』とよく話していました。近年は夫への愚痴が多く、『結婚生活がしんどい』、『遠回しに別居を申し出たら夫に怒られた』などと打ち明けていました。もちろん冗談めかしてでしたが…」(在阪テレビ局社員)

 だがこれはテレビ用のネタではない。冒頭のシーンのように、上沼の“ひとり暮らし”はすでに始まっていたのだ。

◆夫の定年を機に関係が変わった

 仕事と家庭を両立していた上沼にとって大きな転機となったのは2008年だった。この年、関西テレビの関連会社の社長に就任したばかりの真平さんは、その地位を捨て定年退職の道を選んだ。夫の突然のリタイアは上沼にとって青天の霹靂だった。

「定年後の真平さんはゴルフやウクレレなどの趣味に熱中していきました。一方、家にずっといても家事は一切やらない。恵美子さんが風邪をひいた時、『熱があるみたいやから、早めに寝る』と言ったら真平さんは『そしたら晩ご飯はどないなる?』と返したほど。そんな毎日に、恵美子さんは『夫婦の生活がストレスや』とボヤくようになりました」(前出・上沼の知人)

 夫の定年から数年経つと上沼の体調は悪化した。2013年8月には自律神経失調症を患ったことを明かし、2014年2月にはウイルス性の急性肝炎で緊急入院した。いずれもストレスによってかかりやすくなる病気である。

 2015年12月には上沼を支え続けた最愛の母を亡くし、深い喪失感に襲われた。この時も夫の言動が強いストレスになったようだ。当時の状況について、上沼は女性誌でこう語っている。

《母を失ったとき、素敵なご夫婦なら、「夫が支えてくれました」と言うんでしょうね。けど、うちの人は全然でした。私が悲しんでいても、何も思わない。若い頃は、「恵美子、大丈夫か?」と夫が包んでくれるのだろうと想像していましたが、何もしてくれません》(『婦人公論』2016年5月24日号)

 今年3月、上沼はMCを務める『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)で衝撃の告白をした。8年前から目まいがひどく、カウンセリングを受けると医師から「夫源病」と診断されたというのだ。耳慣れない病気について、名付け親である循環器専門医の石蔵文信医師が解説する。

「夫源病は読んで字のごとく、夫の存在や言動が大きなストレスとなり、妻の心身にさまざまな不調が現れる病気ですが、正式な医学的病名ではありません。普段から亭主関白な夫に尽くしてきた女性が我慢に我慢を重ねて発症するケースが多く、うつ、不眠、目まい、動悸など、更年期障害に近い症状が出ます」

 夫源病の発症後、上沼は夫と距離を取るようになった。

「恵美子さんはストレスの原因を断ち切るため、週のうち2~3日は大阪市内の高級ホテルに泊まり、気の置けないスタッフや友人との会話を楽しむようにしました。意図的なプチ家出をして夫婦関係のクールダウンを目指したんです」(前出・上沼の知人)

 しかし、それでも夫婦の溝は埋まらなかった。

「お母さんを亡くした頃から上沼さんは、番組の収録時にも『残り少ない人生で夫のことは頼りにしていない』、『夫から“本を読みなさい”と言われて本当にムカついた』などと真平さんへの不満を口にするようになりました。笑いを取るためではなく、真剣に腹を立てているようなので“本気で離婚する気なのかも”と心配になりました」(前出・在阪テレビ局社員)

 ほころび始めた夫婦間の断裂が決定的になったのは、今年6月に震度6弱を記録した大阪北部地震だった。

「その頃、恵美子さんの憤りとは裏腹に真平さんはハワイや和歌山の別荘をたびたび訪れてはゴルフをしたり釣りをしたりと悠々自適でした。そんな折に地震があり大阪の自宅地域が被災した。真平さんは別荘に出かけて不在のまま、何日経っても帰ってきませんでした。さすがの彼女も怒りが頂点に達し、完全別居へと舵を切った。家を出た真平さんは現在、府内にある恵美子さん名義のマンションで暮らしているようです」(前出・上沼の知人)

◆離婚になったら敏腕弁護士を雇う

 結婚生活41年目の別居。上沼を古くから知る人物は彼女のこんな胸の内を明かす。

「かつては、夫の定年に合わせて自分も仕事を辞めてハワイや和歌山の別荘でのんびり過ごすと公言していました。しかし、実際に2人の生活が始まると想像とはまったく違ったそうです。実際の暮らしは夫に振り回されてばかり。恵美子さんは『真平さんは私に“母”の役割を求めすぎる』とイライラしていました」

 7月中旬、1人で自宅を出た上沼を直撃した。

──旦那さんは今どちら?
「ウチのマンションです。そっちの自治会長になったので、自宅とマンションを行き来しています」

──上沼さんは自分の時間を持つためホテルに宿泊されているとか。
「フラフラするのでね。今でもホテルに月2回泊まっています」

──夫源病の状態はいかがですか?
「しんどいですねー。夫源病に悩む人は、(夫と)距離を空けたほうがいいんじゃないですかね」

──夫婦の現在の関係は?
「淡々としております(苦笑)」

──離婚は?
「ないと思います。するほうが邪魔くさいわ。ハハハ…」

 完全別居は否定したが、夫とのすれ違い生活は認めた上沼。突然の取材にも即座に対応してくれたものの、どこか顔色はすぐれなかった。前出・上沼の知人が言う。

「恵美子さんはこれまで夫のため、家庭のためと頑張ってきたのに全然評価されず、病気にまでなった。テレビでわざわざ夫源病を公言して一定の距離を置こうとしているんでしょう。ただ、惚れた弱みというのか、誰かが“恵美子さんの稼いだお金で遊び三昧の今はさすがにヒドい!”と旦那さんの悪口を言うと、どことなくかばうんですよ。それだけに見ていられなくて…」

 4年前、上沼はテレビ番組で、仮に夫と離婚になった場合についてこう話した。

「通常は財産は半分だけど、私は敏腕弁護士を雇います。泥沼恵美子です」

 西の女帝に決断の時が迫っている。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください