東芝メモリ、約3GB/sのライト性能を実現した業界最速クラスのSSD

東芝メモリ株式会社は24日、業界最速クラスのシーケンシャルライト性能を実現したSSD「XG6」シリーズを発表した。一部OEM顧客向けに出荷を開始しており、2018年第4四半期以降、順次出荷を拡大する。

NVM Express 1.3aをサポートし、PCI Express 3.0 x4で接続するクライアント向けSSD。業界で初めて96層積層プロセスを採用した3次元フラッシュメモリを搭載する。

第4世代の3次元フラッシュメモリ「BiCS FLASH」技術と、SLCキャッシュの組み合わせにより、シーケンシャルライト速度は最大2,960MB/sを実現。同リード性能も3,180MB/sに達する。ランダムアクセスはリードが最大355,000IOPS、ライトが最大365,000IOPS。

低消費電力化も実現しており、低電力モード時の待機電力は3mW、アクティブ消費電力は最大4.7Wで、モバイルPCにも適している。

M.2 2280-S2片面実装のフォームファクタを採用し、容量は256GB/512GB/1,024GBの3種類をラインナップ。TCG Opal Version 2.01を採用した自己暗号化機能付きモデルも用意する。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください