なぜ「Xperia XZ2」より「XZ1」が売れているのか?

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアから、2018年夏モデルとして「Xperia XZ2」が販売されている。Xperiaといえば、最新モデルは販売ランキング上位の常連だが、GfKのランキングでは、XZ2は発売直後に総合ランキングトップ10に登場したものの、翌週から早々に姿を消してしまい、代わって2017年11月発売の前モデル「Xperia XZ1」が総合トップ10のランクインを継続している。

GfKランキングは、家電量販店の販売データを集計したもので、キャリアショップの販売データが含まれないことは留意する必要があるが、少なくとも家電量販店ではXperia XZ1の方が売れている。ドコモは6月11日から7月22日までの6週にわたり、auは6月4日から7月22日までの8週にわたり、Xperia XZ1がXZ2よりも上位につけている。auはXZ2が発売してから、一度もXZ1の順位を超えられていない。なお、ソフトバンクはXperia XZ2の方がXZ1より売れている週が多い。

価格の違い

ドコモとauに限られるが、なぜXperia XZ1の方がXZ2より売れているのか。まず考えられるのが「価格」の違いだ。現在のXperia XZ1は、発売当初よりも価格が安くなっているか、端末購入補助が手厚くなっている。

ドコモの場合、新規と機種変更だと月々サポートが増しており、実質価格はXperia XZ2より2万7000円ほど安い。MNPだと、端末購入サポートとして7万632円もの割引を受けられる。auは一括価格が安くなり、XZ2より2万5000円ほど安い。

ソフトバンクは月月割が増え、実質価格は1万円台にまで下がる。XZ2もMNPだと実質価格はXZ1と同じ1万6320円と安いが、新規と機種変更だとXZ1の方が4万3000円ほど安い。ソフトバンクのXZ2が売れているのは、MNPで契約する人が多いのかもしれない。


一括価格
端末購入補助。ソフトバンクは24回払いを前提としている。auで「ピタットプラン」と「フラットプラン」を選ぶと毎月割が付かないが、「アップグレードプログラムEX」に加入して25カ月目に機種変更すると、実質価格は毎月割を引いたものと同じになる
実質価格

3キャリアとも、ほとんどのケースでXperia XZ1の方が安いので、それが購入の動機になっているといえる。ただ、Xperia XZ2にXZ1の安さを超える魅力があれば売れるはずだ。XZ1が売れている要因は「安さ」だけなのか。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください