「オーキド博士の声でみんな育った」 声優・石塚運昇さん死去、仲間から悲しむ声続々 

 声優の石塚運昇(いしづか・うんしょう)さんが2018年8月13日、食道がんのため亡くなっていた。67歳(享年68)だった。所属事務所が17日、公式サイトで発表した。

石塚さんはアニメ「ポケットモンスター」シリーズで「オーキド博士」役を務めるなど活躍。声優仲間からは、その死を惜しむ声が続々と上がっている。

■「あのいい声が聞けないなんて…」

石塚さんの所属事務所は8月17日、公式サイトで「食道癌のためかねてより病気療養中でしたが、薬石効なく平成30年8月13日永眠いたしました。生前、皆様から頂きました御厚誼に心より深謝致します」と訃報を伝えた。

石塚さんはアニメ「ポケットモンスター」の放送開始(1997年)以来、主要キャラクターの「オーキド博士」役を演じており、番組内のナレーションも担当。他にも、数多くのポケモンの声を務めていた。

演じたキャラクターはその他、アニメ「カウボーイ・ビバップ」のジェット・ブラック役や、「頭文字D」の藤原文太役、「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」のジョセフ・ジョースター役、「ドラゴンボール超」のミスター・サタン役など数知れない。

なかでも、オーキド博士役の印象が強いようだ。ツイッターのトレンド欄で死去の報道後、「石塚運昇さん」と「石塚さん」に加え、上位にランクインしたのが、「オーキド博士」だった。

以前にオーキド博士の孫「シゲル」役を演じていた声優・小林優子さんは、ツイッターで

「あのいい声が聞けないなんて…もう一緒に飲めないなんて…残念過ぎます。運昇さん」

と投稿。タレントの中川翔子さんも、ツイッターで

「オーキド博士の声で、みんな育ってきた。信じられないしあの声がない世界なんて、、」

と別れを惜しんだ。

神谷明「響きのある低音、そして優しいお人柄」

 声優の神谷明さんはツイッターで、石塚さんの訃報について

「突然の訃報に衝撃を受けました。響きのある低音、そして優しいお人柄が魅力的な方でした」

と投稿。古川登志夫さんもツイッターで、

「謹んで哀悼の意を表します。ワンピースの黄猿、ドラゴンボールのサタンをはじめ、多くの作品でご一緒させていただきました」

と共演を振り返った。

他にも、「また現場でご一緒したかったです。本当にお疲れ様でした。ご冥福をお祈りします」(小野賢章さん)、「ポケモンの現場で、みんなで還暦のお祝いをした時、少し照れくさそうに、赤いちゃんちゃんこ姿でアフレコされていたのが、昨日の事のように感じていたのに」(悠木碧さん)など、声優仲間から哀悼の声がツイッター上に続々と寄せられている。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください