日活とHuluが鎌倉で「まちの映画館」。欽ちゃん出演作など上映

日活と映像配信サービスのHuluは、鎌倉を拠点とする団体カマコンと協力し、鎌倉の地域活性化プロジェクト「まちの映画館」をスタート。萩本欽一出演のドキュメンタリー映画「We Love Television?」上映会などを行なうオープニングイベントを、8月25日18時30分よりレストラン「AWkitchen GARDEN 鎌倉」で実施する。鑑賞料は無料だが、会場で1オーダーが必要。

「まちの映画館」プロジェクトでは、街に住む幅広い世代が一緒に映画を観て語りあう場を提供し、映画を通じて地域内のコミュニケーションを活性化することを目指している。上映する場所は街の喫茶店、カフェ、レストランなどの「今、街にあるお店/施設」。鎌倉の地域企業や行政が協力して展開する「まちの●●●シリーズ」のひとつで、面白法人カヤックがカマコンのメンバーとして協力している。

8月25/26日に「まちの映画館 鎌倉 オープニングイベント」を開催。上映作品は、25日が土屋敏男監督(日本テレビ放送網シニアクリエイター)が手がけた映画「We Love Television?」。トークショーでは、同作品に出演する”欽ちゃん”こと萩本欽一や土屋監督らが登場する。

26日は、Hulu上の日活映画を上映するプログラムになる予定。当日15時から数会場で様々な映画の上映を行ない、各作品を推薦するキュレーターが見どころを紹介したり、鑑賞後に映画の感想を共有しあえる。開催情報や上映作品リストは、「まちの映画館 鎌倉」Facebookページを参照のこと。



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください