富田林署逃走事件、大迷惑だったテレビクルーの大追跡

お盆休みでのどかな大阪・富田林市が、“脱走事件”で一変した。8月12日夜、弁護士との接見後に逃走し、全国指名手配となった樋田淳也容疑者(30)は、5月下旬から8月8日まで強制性交や強盗傷害などの疑いで計4回逮捕されていた。この危険人物の逃走を、警察より熱心に追いかけたのがテレビだった。キー局の情報番組ディレクターはこう話す。

「お盆でニュースが滞る時期に降ってわいた格好のネタで、当初から在阪局が大量動員し、さらに東京からもクルーを出す力の入れようでした。今年4月の愛媛の刑務所から受刑者が脱走して22日後に広島市内で確保された事件のように、“逃走犯”のニュースは危険を周知する大義名分のもとリアルタイムで動向を報じることができるからテレビ的には強い」

そんなテレビの熱気とは裏腹に、近隣住民は次第に冷静になっていた。町会長を務める男性(59)はこう話す。

「逃走した日の夜に郵便受けに手配書の束が入っていて『回覧で町内会に回してくれ』とメモがあったけれど、その後マスコミは来ても警察からは何も連絡がない。隣の羽曳野市で(逃走に使ったとみられる)自転車が見つかったとニュースがあったから、ここらは一安心している」

富田林署前に張り付く報道陣に向かって、タクシーの窓から「ここに犯人はおらんわ! あっちいけ」と怒鳴る高齢男性もいた。

それもそのはず、報道が熱心すぎるあまり余計なトラブルも起きていた。近隣コンビニの関係者が言う。

「13日の午前から終日、マスコミ各社の車やタクシーが駐車場を占拠していて一般客が駐車できないと苦情が来たので署に苦情を申し入れ、対応に追われました」

特に問題となったのがTBSの取材スタッフだった。事情を知るTBS関係者はこう話す。

「最近の長丁場の現場では各局の報道クルーの車がWi-Fi(無線の電波でインターネット接続ができる)設備があるコンビニの駐車場を“拠点”としてよく利用するんです。店側から苦情があれば謝罪して対応するのが筋ですが、今回、TBSの報道スタッフがコンビニ店員とやり取りするなかで、駐車問題について言われると“でも、売り上げも上がったでしょう”という反論をしたようです。さすがにそうした対応などについて、コンビニ側から局に直接苦情が来ました」

TBSは「現時点で、該当する取材クルーは確認されておりません。引き続き、調査いたします」(社長室広報部)という。

逃走劇の裏で、取材先を荒らして去っていくメディアの“やり逃げ”も起きていた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください