女優・菅井きんさん死去 92歳 「必殺」シリーズなど

ドラマ「必殺」シリーズや映画『どですかでん』『お葬式』など多くの名作に出演した女優の菅井きん(本名・佐藤キミ子)さんが10日、心不全のため都内の自宅で亡くなっていたことがわかった。92歳。所属事務所が23日、書面で伝えた。

■菅井きんさんのプロフィール 主な出演作も

事務所によると、すでに通夜密葬を近親者で済ませており、偲ぶ会などを催す予定はないという。

菅井さんは1926年東京生まれ。46年、東京芸術劇場研究所に入所し、翌47年『林檎園日記』で初舞台。劇団解散後は俳優座に移籍し、50年『風にそよぐ葦』で映画デビューする。

73年ドラマ『必殺仕置人』では藤田まことさんが演じた中村主水をいびる姑・中村せん役や、『太陽にほえろ!』で松田優作さん演じる柴田純(ジーパン)刑事の母・柴田タキ役、『家なき子』での“ババア”こと田畑光江役など、多くの作品で名脇役として存在感をみせた。

銀幕でも活躍し『生きる』『悪い奴ほどよく眠る』『どですかでん』『砂の器』などに出演。08年『ぼくのおばあちゃん』では82歳にして映画初主演を飾り、「世界最高齢映画主演女優」としてギネス認定された。

映画『お葬式』では日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。90年には紫綬褒章、96年に勲四等宝冠章を受章している。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください