ネットで「中古品」ご注意を…リコールなど伝わらず

インターネットでの中古品取引が増えるなか、誤った使い方やリコール製品による事故が急増しています。


中古のカセットコンロでボンベの接続部分が劣化していたために、漏れたガスにバーナーの火が引火して破裂した事故を再現したものです。なかには、改造された電源コードから発火した事例もありました。NITE(製品評価技術基盤機構)によりますと、2013年からの5年間で中古品に関する事故が182件起きていて、29件はリコール製品が使用されていました。NITEでは、中古品を使用する際にリコール製品に該当するかどうかや取扱説明書を確認して事故を未然に防ぐように呼び掛けています。

1 Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください