家族は何も知らない… 「隠れギャンブル依存症」男性の告白

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が7月29日に参議院本会議で可決、成立した。今後、日本国内3箇所を上限にIRが作られることとなるわけだが、そこで大きな課題となるのがギャンブル依存症対策だ。

 

 今回のIR実施法では、国内居住者に対し入場料6000円を徴収し、さらに入場回数を28日で10回までに制限することで、ギャンブル依存症の防止を図るという。しかし、これでは不十分だとの声も多く、まだまだ議論の余地はありそうだ。

 そもそもカジノについてのみギャンブル依存症対策をしたところであまり意味がないという意見も多い。たしかに、日本には競馬、ボートレース、競輪、オートレースの公営競技に加え、パチンコ・パチスロといった街なかで気軽にできてしまうギャンブルがあるわけで、それらに依存する人もいるのだ。

 都内に住む40代の男性会社員・ヤマモトさん(仮名)は、「自分はほぼギャンブル依存症」だと話す。

「いちばん多くお金を使っているのはパチスロ。次がパチンコで、あとはボートレースと競輪、競馬もやっています。大学生のときにパチンコをやるようになってから、ずっと今まで20年以上ギャンブルをやり続けています」(以下同)

 ヤマモトさんは都内の映像制作会社に勤務。結婚はしておらず、都内の家賃8万円ほどのマンションに一人で暮らしている。銀行の残高は20万円程度だ。

「預金残高が50万円を超えたことはありません。毎月の給料は生活費とギャンブルでほぼ消えてしまいます。たまに競馬なんかで大きく勝つこともありますが、気づいたらなくなってます。勝つためにやっているつもりでも、楽しむ気持ちのほうが大きくて、まず勝てない。そんなことは重々承知でもやめられないんです」

ギャンブルにハマっていることは誰にも言わない

 ヤマモトさんはあくまでも“自称ギャンブル依存症”だ。専門の支援団体や医療機関に相談したことはないという。

「周囲の人は、私がパチスロやボートレースをやっているということは知っていますが、どれくらいのお金を使っているかは知りません。ましてや“依存症レベル”だということも知らない。そもそも、私は自分がどれだけギャンブルにハマっているかということは誰にも話しません」

 家族や恋人にも、基本的にギャンブルの話はしないというヤマモトさん。

「大学生の時にパチンコ屋に行くようになった時はまだ実家暮らしで、母親にも『パチンコに行ってくる』なんて気軽に話していました。でも、やっぱり『お金は大丈夫なの? どれくらい負けるの? そろそろやめたらどう?』と言われる。自分で働いたバイト代でパチンコをしていたとはいえ、なんともいえない罪悪感もあって、母親には『もう最近はパチンコに行っていないよ』と嘘をつくようになっていました。結局、それから今に至るまで、家族は私がパチンコをやっていないと思っているはずです。

 恋人がいたころも、あまりギャンブルの話はしませんでした。パチンコに行くときももちろん1人。『今日は残業がある』と言って仕事帰りに行くことが多かったですね。ボートレースはネット投票ができるので、誰にも知られずに賭けることができますし、恋人であっても私のギャンブル依存は知らなかったと思います」

 とにかく誰にも悟られないようにギャンブルにのめり込んでいるというヤマモトさん。それもやはり“依存症であるがゆえ”だと自覚しているようだ。

「誰かに迷惑をかけない程度であれば、問題ないだろうという考え方なんです。だから、誰かに心配された状態でギャンブルをするのがとても苦痛なんです。一時期は借金もありましたが、今はどうにか借金も返せたので、個人的には大丈夫かなと思っています。家族に対しては後ろめたい気持ちもありますけどね」

 1人でひっそりとギャンブルにのめり込むヤマモトさんは、いわば“隠れギャンブル依存症”といった状態。「私のような人はたくさんいると思います」とヤマモトさんは言うが、そういった“隠れギャンブル依存症”対策もまた必要なのかもしれない。

コメント:依存症とはまだ本人が自覚している間は大丈夫だが、ギャンブル依存症の場合によくある症状は、食費や衣類品にはお金をかけずにギャンブルにお金をつぎ込むパターン。アルコールにもよく似た症状を見かけることがある。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください