ソニーモバイルが「Xperia XZ3」発表 初の有機ELを搭載、側面タップの新操作も

ソニーモバイルコミュニケーションズが8月30日(現地時間)、ドイツ・ベルリンで開催された家電ショー「IFA 2018」に合わせて、スマートフォンの新機種「Xperia XZ3」を発表した。2018年秋以降に、日本を含む各国で発売する。

Xperia XZ3の製品画像

Xperia XZ3は、Xperiaとしては初めて有機ELディスプレイを搭載したのが大きな特徴。ソニーの有機ELテレビ「BRAVIA」で培った技術を活用し、映像美を追求した。画面サイズは6型、解像度はQHD+(1440×2880ピクセル)、アスペクト比は縦長の18:9(2:1)。HDRコンテンツの再生にも対応しており、超解像技術「X-Reality for mobile」のHDRアップコンバート機能により、インターネット上の動画コンテンツもHDR相当の映像に変換できる。

この他、内蔵のステレオスピーカーの音量がXperia XZ2から20%アップし、映像やゲームなどのコンテンツに合わせて本体が震える「ダイナミックバイブレーションシステム」にも対応するなど、エンタメコンテンツをよりリッチな環境で楽しめる。

本体は前面と背面どちらにも3D曲面ガラスを採用しており、手になじむフォルムを目指した。また強化ガラスとして「Corning Gorilla Glass 5」も採用している。ディスプレイ左右の額縁を狭めたことで、6型のディスプレイを搭載しながら本体幅は73mmに抑えており、5.7型で幅72mmの「Xperia XZ2」と大差ない。側面のアルミ部分は最薄部が約3mmとスリムな形状になっている。

プロセッサはSnapdragon 845、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GB。バッテリー容量は3330mAhで、「Qi」規格のワイヤレス充電にも対応している。XZ2シリーズと同じく、背面には指紋センサーを搭載している。IP65/IP68の防水・防塵(じん)もサポートする。カラーはブラック、ホワイトシルバー、フォレストグリーン、ボルドーレッドの4色。OSはAndroid 9 Pieを採用する。

新たな操作法として、側面をタップすると現れる「サイドセンス」を用意。ここからさまざまなアプリや設定を呼び出せるので、片手でも操作しやすくなることが期待される。どのアプリを表示するかはAIが判断し、時間や場所によって表示アプリは異なるという。ユーザーが任意のアプリを固定することもできる。

有機ELの特性を生かし、スリープ時にも時刻や通知などを表示する「Always on display」も採用した。ここにはプリインストールされた画像、また好みの画像を設定することができる。

アウトカメラは「Xperia XZ2 Premium」に採用されたデュアルカメラではなく1920画素のシングル。スマートフォンを構えるだけでカメラが起動する「スマートカメラ起動」を新たに採用した。現行のXperiaではおなじみ、メモリ積層型CMOSセンサー「Motion Eyeカメラ」を備えており、先読み撮影や、最大960fpsでフルHDまでのスーパースローモーション撮影が可能。4K HDRの動画撮影にも対応している。

1320万画素のインカメラには、F1.9とより明るくなった新規レンズを採用。被写体の背景をぼかしたり、肌の明るさ、目の大きさ、輪郭などを補正したりできる「ポートレートセルフィーモード」を利用できる。インカメラで読み込んだ顔の3D画像からアバターを作成できる「3Dクリエーター」は、表情の変化もつけられるようになった。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください