FC2創業者弟ら二審も有罪=わいせつ動画公開―大阪高裁

動画投稿サイト「FC2」でわいせつ動画を配信したとして、わいせつ電磁的記録媒体陳列と公然わいせつの罪に問われたFC2米国法人創業者の実弟高橋人文(42)、関連会社「ホームページシステム」(大阪市)前社長足立真(43)両被告の控訴審判決が11日、大阪高裁であった。

西田真基裁判長は、各懲役2年6月、執行猶予4年、罰金250万円とした一審京都地裁を支持し、両被告側の控訴を棄却した。

弁護側は「海外のサーバーにアクセスし、証拠を押収したことは違法な証拠収集に当たる」などとして無罪を主張。西田裁判長は収集行為の一部について違法性があったと指摘したが、「判決に重大な影響を及ぼすものではない」と判断した。

判決によると、両被告は米国にあるサーバーからサイトを運営。2013年6月、投稿者と共謀し、無修正わいせつ動画を不特定多数の人が閲覧できる状態にするなどした。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください