「iOS 12」配信開始 旧機種の性能向上、「通知」の改善、Siriのショートカットなど

 Appleが9月18日(日本時間)、「iOS 12」の配信を開始した。対応機種は、iPhoneが「iPhone 5s」以降、iPadが「iPad mini 2」以降、iPodが「iPod touch(第6世代)」。

スマホ依存を防ぐ新機能

アップデートはWi-Fi経由でiOSデバイスから、またはiTunes経由で行える。iPhone Xからアップデートする場合、更新ファイルの容量は1.65GBだった。

iOS 12の主な特徴は、旧機種のパフォーマンス改善、写真アプリのリニューアル、ミー文字の対応、使いすぎを防ぐ「スクリーンタイム」の導入、カスタマイズの幅が広がった通知など。詳細は以下の通り。

パフォーマンスの改善

・ユーザーの操作により素早く機敏に反応するように、iOSを全体的に改良
・iPhone 5sやiPad Airなど全ての対応デバイスでパフォーマンスを改善
・iOS 11.4とiOS 12(リリース前)のiPhone 6 Plusでテストしたところ、カメラの起動は70%高速化、キーボード表示は50%高速化、タイプ入力の反応も改善。デバイスに高負荷がかかっている場合のアプリ起動が最大で2倍高速化した

「写真」アプリの改善

・ 新しい「For You」タブに、「おすすめの写真」や「エフェクトの提案」などを導入
・「共有の提案」機能が、写真に写っている人たちと写真を共有するように能動的に提案してくれる
・ 検索機能を強化し、複数のキーワード検索に対応。検索候補も賢くなり、より簡単に写真の検索が可能に
・撮影地、店舗名/会社名、または写真を撮影したときのイベントから写真の検索が可能に
・カメラからの読み込み速度が改善、また写真を大きくプレビュー表示することが可能に
・RAWイメージの編集に対応

「カメラ」アプリの改善

・ポートレートモードで、「ステージ照明」と「ステージ照明(モノ)」を設定したときに、被写体と背景間の詳細部分を保持するよう改善
・スキャンしやすいように、カメラフレームでQRコードをハイライトするよう改良

「メッセージ」アプリの改善

・自分の分身として作成した「ミー文字」を、メッセージアプリの「アニ文字」として使える
・アニ文字にティラノサウルス、お化け、コアラ、トラを追加
・ミー文字とアニ文字でウインクおよび舌を出す動作を認識
・新しいカメラエフェクトに対応。メッセージアプリから撮影した写真やビデオで、アニ文字、フィルター、テキストエフェクト、iMessageステッカーパック、図形が使えるようになる
・アニ文字の録画が30秒まで可能

「スクリーンタイム」の導入

・ユーザーや家族のアプリやWebサイトの使用時間を判断できる詳細情報やツールを提供
・アプリの使用時間やカテゴリーごとの使用状況、通知の受信数、端末を持ち上げた回数などを表示
・「App使用時間の制限」から、ユーザーや子どもがアプリやWebサイトで費やすことができる時間の長さを設定可能
・子どものiPhoneまたはiPadの使い方を、保護者が自端末から直接管理できる

「おやすみモード」の改善

・所定の時間、場所、またはカレンダーのイベントの後で「おやすみモード」をオフにできる
・「ベッドタイム中のおやすみモード」から、就寝中はロック画面に全通知を非表示にできる

「通知」の改善

・同じアプリからの通知を自動的にグループ化して表示可能
・ロック画面から直接通知の設定が可能に
・新しい「目立たない形で配信」機能から、サウンドやバナーを出さずに通知の表示が可能に

「Siri」のショートカット

・対応アプリでSiriのショートカットが使えるようになる
・Siri対応アプリの「Siriに追加」ボタン、または「設定」→「Siriと検索」からショートカットを追加できる
・ロック画面または検索内でショートカットの提案を表示
・モータースポーツの結果、スケジュール、Formula 1、Nascar、Indy 500、MotoGPの統計および順位表を入手可能に
・時間、撮影地、人、最近の旅行などで写真や出来事を検索可能
・40以上の言語の組み合わせで語句の翻訳に対応
・著名人に関する事柄(例: 誕生日)や、食べ物に関する質問(例: カロリーや成分/原料)を調べることが可能に
・フラッシュライトのオン/オフが可能に
・英語(アイルランド)、英語(南アフリカ)、デンマーク語、ノルウェー語、中国語(広東語)、中国語(北京語-台湾)の声に対応

「ARKit 2」に対応

・ARKit 2による共有機能により、デベロッパーは他のユーザーとAR体験を共有できるアプリを作成可能に
・AR体験の保存/再読み込みが可能に
・オブジェクト認識やイメージトラッキング機能に対応。空間を移動中に現実世界のオブジェクトを認識したり、イメージを追跡したりするツールをデベロッパーに提供
・ARクイックルック機能により、仮想オブジェクトをNews、Safari、ファイルなどの内蔵あぷりで表示したり、iMessageやメールで共有したりできる

「計測」アプリを用意

・物体や空間を計測するための新しい拡張現実アプリ「計測」を提供
・物体の表面や空間に線を引いて長さを計測し、線上のラベルをタップして詳細情報を表示
・長方形の物体を自動的に計測
・計測物のスクリーンショットの取り込み、共有、マークアップが可能

プライバシーとセキュリティの改善

・Safariの強化されたトラッキング防止機能により、Webサイトに埋め込まれたコンテンツやソーシャルメディア用ボタンが、ユーザーの許可なしに追跡するのを防ぐ
・広告主によるiOSデバイスの固有情報の収集を防いで、ターゲット広告の配信を減らすことが可能に
・Safariとほとのどのアプリで、パスワードの新規作成または変更時に、強力かつ固有なパスワードを自動的に提案する
・パスワードを再利用している場合、「設定」→「パスワードとアカウント」で警告マークを表示
・セキュリティコードの自動入力機能により、SMS経由で送られた使い捨て(ワン・タイム)パスコードをQuickTypeバー上に表示
・「設定」→「パスワードとアカウント」から、AirDropを使用して登録済みの連絡先にパスワードを共有できる
・認証済みのデバイスで、Siriにパスワードを尋ねることが可能に

「Apple Books」にリニューアル

・新しいデザインに変更
・「今すぐ読む」機能から、現在読書中の本に戻ったり、次に読む本のおすすめを受け取ったりできる
・「読みたい」コレクションに本を追加して、次に読みたい本を管理できる
・新しい「ブックストア」では、新刊、話題作、ベストセラー、Apple Booksエディターのおすすめなどから、ブックを探せる
・新しい「オーディオブックストア」から、お気に入りの著者、俳優/女優、著名人のナレーターによるストーリーやノンフィクション本などを探せる

「Apple Music」の改善

・歌詞による検索に対応し、歌詞の一部を使って曲を検索できる
・アーティストのページが見やすいデザインに改良され、どのアーティストからでもパーソナライズされたステーションを作成可能
・新しい「フレンズ・ミックス」により、友達が聴いている曲からプレイリストを作成可能に
・世界各国のトップ100曲を表示する新しいチャートを追加

「株価」アプリの改善

・新しいデザインを導入し、iPadにも対応
・ウォッチリストに、1日の株価推移が一目で分かる色つきの小さなチャート(スパークライン)を表示
・各銘柄のインタラクティブなチャート、時間外取引や出来高などの情報を表示

「ボイスメモ」アプリの改善

・新デザインに変更
・録音/編集データをiCloud経由で各デバイス間で同期できるように
・iPadにも対応。横向と縦向き両方で使える

「Apple Podcast」の改善

・番組でチャプタに対応
・車内またはヘッドフォンで利用時に進む/戻るボタンで30秒進めたり、次のチャプタに移動したりできる
・「今すぐ聴く」画面から、エピソードの通知を簡単に管理できる

「アクセシビリティ」の改善

・ライブリスニングがAirPodsに対応
・RTT通話がAT&Tで使用可能に
・「選択項目の読み上げ」がSiriの声の使用に対応

その他の新機能と改善

・FaceTimeのカメラエフェクトで、自分の顔をリアルタイムでアニ文字/ミー文字に変更できる
・CarPlayで他社製のナビゲーションアプリを使用可能に
・Walletに追加した非接触型の学生IDカードを使って建物に入ったり、Apple Payで支払ったりできる(対応しているキャンパスのみ)
・「設定」→「Safari」で、iPadでタブにWebサイトのアイコンを表示可能に
・「天気」に空気質指数を追加(対応している地域のみ)
・iPadで、画面の下端から上にスワイプしてホーム画面に移動する操作が可能に
・iPadで、画面の右上隅から下にスワイプしてコントロールセンターを開く操作が可能に
・マークアップに、より多くの色と、線の太さと各ツールの透明度を変更できるオプションを追加
・「設定」のバッテリー使用状況に、過去24時間または過去10日以内の使用状況を追加、バーをタップするとその期間のアプリ使用状況が表示される
3D Touchに対応していないデバイスで、スペースキーを長押ししてキーボードをトラックパッドに変更可能
・中国で、「マップ」アプリが空港とショッピングセンターの建物内部マップを表示可能に
・ヘブライ語の辞書、アラビア語-英語およびヒンディー語-英語の二言語辞典を追加
・新しい英語の類語辞典を追加
・iOSアップデートを夜間に自動的にインストールする機能を追加

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください