スパコン「京」台風で一時停止していた 雨水吹き込みシステム障害、風水害では初

神戸・ポートアイランド(ポーアイ)にあるスーパーコンピューター「京」が、8月の台風20号で付属設備に雨水が吹き込んでシステム障害を起こし、一時、運用を停止していたことが分かった。2012年の本格稼働以降、風水害による停止は初めて。約47時間後に復旧した。運用する理化学研究所計算科学研究センターが対策を検討している。

【写真】台風と長雨で…突然ストップ「日本の標準時」

神戸地方気象台などによると、台風20号は8月23日深夜から24日未明にかけて兵庫県を縦断し、県内5地点で最大瞬間風速を更新。淡路島で風力発電用の風車が倒れるなどした。

ポーアイ観測地点の神戸空港では、23日午後9時から約6時間にわたって風速25メートル以上の暴風域に入り、午後11時38分には過去最大となる最大瞬間風速42・2メートルを記録。京の施設周辺は猛烈な風雨にさらされていたとみられる。

同センターによると、システム障害の発生は24日午前0時47分。関西電力から届いた電力の電圧を調整する「特高受電設備」に雨水が入り不具合が生じた。同センターは全システムを止めて状態を確認し、25日午後11時50分に復旧した。広報担当者は「防水カバーを施すなどしていたが、想定を上回る強風で雨水の吹き込みを防ぎきれなかった」と説明。データのバックアップなどができており、運用に大きな影響はなかった。

京は、2012年9月の本格稼働以降、原則として24時間動き続けている。定期点検以外での運用停止は今月17日までに32回あるが、ほぼ全てがシステムのトラブル。今年6月には関西電力の施設への落雷で一時停止したが、京や付属設備への外的要因によりシステム障害を起こしたことはなかったという。

同センターは浸水箇所の防水設備を強化。今月4日の台風21号通過時には問題なく稼働を続け、高潮などの影響もなかったという。今後さらなる対策が必要かどうか分析している。(小川 晶)

【スパコン「京」】2006年に政府主導で開発が始まり、12年6月に完成したスーパーコンピューター。開発費は約1110億円。計算速度は毎秒1京回(京は兆の1万倍)を超え、世界ランクで1位を過去に獲得したことがある。ビッグデータの処理能力を競うランキングは15年から7期連続で世界トップに立つ。災害や医療、建築などさまざまな分野に活用されている。京の最大100倍規模の性能を備える後継機の開発も、21年ごろの運用開始を目指して進んでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください