光石研、大杉漣さん最後の主演作完成披露に“形見”のジャケットで登壇「今日は一緒に来ています」

今年2月に急性心不全のため急死した俳優の大杉漣(おおすぎ・れん、本名・大杉孝=おおすぎ・たかし)さん(享年66)が初めてプロデュースし最後の主演作となった映画「教晦師」(10月6日公開、佐向大監督)の完成披露試写会が21日、都内で行われ、光石研(56)が出席した。

【写真】グーグル上半期検索ランキング「話題の人」で2位となった大杉漣さん

光石は、テレビ東京の人気ドラマ「バイプレイヤーズ」シリーズなどで共演してきた盟友・大杉さんからもらったというジャケット姿で登壇。「今日は大杉さんと一緒に来ています」とあいさつ。初めて死刑囚役に挑んだが、「死刑囚というより、今回は大杉さんの胸を借りて、大杉さんと2人だけのシーンをよつでやれるという喜びが強かった」と振り返った。

友との別れから7か月。涙をこらえるような表情で、「実はここに来る前に大杉さんのお墓に行ってきました。『完成披露です』と報告してきた」と告白。「以前、僕は『映画は映っているものしかないんだよ。俳優の気持ちとか精神なんかは映らないんだよ』とか偉そうなことを言ってました。すみませんでした。この映画には大杉さんの魂、気持ち、すべて映っております。大杉さんの顔も体も手も全身が映っております。今日は皆さん、俳優・大杉漣を浴びて帰って下さい」と思いを吐露し、締めた。

本作は、着任半年の教誨師が、一癖も二癖もある6人の死刑囚と面会する中で苦悩しながらも、向き合っていく姿を描く。ほぼ全編が、教晦室という限られた空間での会話劇で構成されている。

他に古舘寛治(55)、烏丸せつこ(63)、五頭岳夫(70)、玉置玲央(33)らが出席した。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください