売れるか、20万円iPhone=高級化路線の成否不透明

NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社が21日、米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新型モデル「XS(テンエス)/XS Max(テンエス マックス)」を売り出した。最上位モデルは20万円近い。格安スマホがじわりとシェアを伸ばす日本市場で、アップルの高機能・高級化路線が受け入れられるかどうかは不透明だ。

XS(記憶容量64ギガバイト)は、昨年発売されたX(テン)とほぼ同水準の12万~13万円台だが、画面が一回り大きいXS Max(同512ギガバイト)はソフトバンクで19万2960円だ。迫力ある大画面でゲームや動画を楽しめるのは魅力だが、21日早朝にXSを購入した男性会社員(32)は「20万円はない。高過ぎる」と語った。

かつて日本人はアイフォーン好きと言われたが、現在は変わりつつある。今年夏にMMD研究所(東京)が携帯端末向け基本ソフト(OS)のシェアを年齢別に調べたところ、30代以上の男女ではいずれも米グーグルのOS「アンドロイド」が、アップルの「iOS」を上回った。

新モデルが出るたびに高額化するアイフォーンについていけず、アンドロイドが搭載された格安スマホを選択する子育て世帯が増えていることが一因とされる。

久しぶりの管理人コメント

かつて、一般向けに衰退していったPower Macintoshを彷彿させる戦略だな。
スマホが受けた理由は小型化PCでかつ電話機能があり持ち運びに便利だから高いiPhoneでもよく売れたが、iPhone8plusが電話としては限界だろう。
初期の携帯電話のショルダー型と大差がなくなってくるぞ。
ジョブズが亡くなって以降のアップルは過去の倒産しかけた路線に戻りつつある。
日本ではiPhoneが販売店ノルマもあり分割払いなどのお陰でシェアは高いが、本来アンドロイドスマホのほうが価格面も安く。世界的に見ればiPhoneは高級品扱いなのだ。
本来、10万円を超えるiPhoneを分割払いで既存ユーザーと通信費により割引を行ってアンドロイドより安く販売してきたが、 XS(記憶容量64ギガバイト)今回の12万~13万円台、XS Max(同512ギガバイト)はソフトバンクで19万2960円をどのように新規キャッシュバックして販売するのだろうか。
ちなみに管理人的にはiPhoneSEが一番大きさ的によかった。SIMも解除出来るし価格もこなれていてi、ちなみにPhone6sもビジネス向けやワイモバイルなどで現役でまだ動いてるようだ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください