ライブドアブログからWordPressへ失敗しないで引越し

引越しの準備をしよう

WordPressに引っ越ししてブログを運用するときは、レンタルサーバーの契約と独自ドメインが最低限必要になりますね。

今回わたしは、ムームードメインで独自ドメインを取得してから、ロリポップとのサーバー契約をしました。なぜかというと、ムームードメインからロリポップの契約をすると、ロリポップのレンタルサーバー初期費用1,500円が無料になったからです。





独自ドメインを取得しよう

ロリポップなどの共有レンタルサーバーで契約をすると、サーバー会社から割り当てられる共有ドメインでブログを運営することもできますが、今後サーバーを移転する可能性も考えると、独自ドメインを取得しておくほうがいいと思います。

ドメインの契約は「格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─」がおススメです。

ムームードメインは、国内最大級のドメイン会社なので安心ですし、費用も格安なので、いつもわたしは利用しています。

あと今回、契約するレンタルサーバー「ロリポップ」と「ムームードメイン」は同じ会社のサービスなので、サーバへの設定が簡単に行えるので初めての方にはおススメです。

 

WordPress用のサーバーを用意しよう

ライブドアブログからWordPressに引っ越しするにあたって、新規にサーバーとの契約をする必要がある方がほとんどだと思います。契約をしていない方は、レンタルサーバーの契約を済ませましょう。

初めてレンタルサーバーを契約される方には、「ロリポップ! 」がおススメです。なぜかと言うと、初心者でも戸惑うことがないとても使いやすい管理画面になっていますし、マニュアルが充実しています。でも、一番の理由はとにかく安いからです。

ロリポップ!でWordPressを運用するには、「ライトプラン」にする必要がありますが、それでも月に250円(税別)と、他のサーバーよりも安いので、初めてレンタルサーバーとの契約をしてブログを始められる方にとっては、運用しやすいと思います。

また、ロリポップ!は、WordPress初心者にはうれしいWordPressを簡単にインストールすることができる機能があるので、難しいプロブラムの設定などする必要はありません。

まだ、独自ドメインを取得してない方は、先ほどお伝えしました「ムームードメイン」で独自ドメインを取得してから「ロリポップ!」とのサーバー契約をするという流れの方が簡単ですし、なんたって初期費用が無料になるので凄くお得です。

 

 

サーバーにWordPressをインストールしよう

独自ドメインとサーバーの用意ができたら、次にすることはサーバーにWordPressをインストールしましょう。

今回のサーバーは、ロリポップ!です。すでにサーバーにWordPressをインストールを済ませてる方はこちらから引っ越し(移行)の手順へジャンプしてください。

ロリポップ!には、「簡単インストール」の機能があるので、この機能を使って簡単な設定をすれば、WordPressを簡単にインストールすることができます。

 

ライブドアブログから記事のデータをエクスポートしよう

独自ドメインの取得、レンタルサーバーの契約、サーバーへWordPressをインストールを済ませたら、いよいよ次は、ライブドアブログで今まで書いてきた記事を書きだす作業をしましょう。

ライブドアブログのマイページ(管理画面)を開き、「ブログ設定」をクリックして開きましょう。

 

 

ブログの設定」を開いたら、「その他」の「バックアップ(エクスポート)」をクリックしましょう。

 

 

「ブログの書き出し」画面になります。

今回は、ライブドアブログで書いたすべての記事を、WordPressに引っ越しするので、「カテゴリ」「期間」の項目では、「すべて…」を選択しましょう。

「改行」では、「改行をそのまま出力」を選択しましょう。

書き出しの条件が決まったら、「ブログのデータを書き出す」をクリックしましょう。

 

 

「ブログのデータを書き出す」をクリックしたら、「一定時間が経過したら こちらのリンクをクリック してください。」のリンクがあればこちらをクリックしましょう。

クリックすると、「ダウンロード」のボタンが表示されるので、「ダウンロード」をクリックしましょう。

ファイルは、デスクトップなどのわかりやすい場所に保存しましょう。

 

これで、今まで書いてきた記事のデータが、「backup.txt」というファイル名で出力されました。

いったん、ファイルはこのままで、次に、画像のデータを取得する作業に移りましょう。

画像をダウンロードしよう

ライブドアブログには、画像のデータをエクスポートする機能が無いので、フリーソフトを使って、画像を一括でダウンロードしましょう。

はじめに、「GetHTMLW」という画像を取得するフリーソフトを使ってみましたが、記事に表示されているサムネイル画像「○○○_s.jpg」だけ取得され、リンク先のオリジナル画像が取得できてないハプニングに…

ということで、ちがうフリーソフト「巡集」を使って、画像のデータを取得してみると、なんの問題もなく一括でダウンロードすることができました。

 

まずは、「巡集(Vector)」をダウンロードしましょう。

jsn172.ZIP ファイルを解凍したら、jsn172フォルダの中の「Junshu巡集アイコン」をダブルクリックしましょう。

「巡集」が起動します。起動したら初めに取得の設定をします。この設定はデータの少ないブログなら初期設定でも構いませんが、わたしのライブドアブログは約1,300記事、画像が約8,000枚あり、ダウンロードにかなり時間がかかりそうなので階層の設定を行います。

「巡集」のメニューバーから、詳細設定取得設定と進み、「階層を限定する」の数値を「3」にしました。

 

 

次に、ライブドアブログのURLを入力して、「サイトのダウンロード開始」をクリックして画像のデータが取得できるまでしばらく待ちましょう。

記事数や画像の枚数によっては、取得までに数時間かかります。わたしの場合、1,300記事で約2時間かかりました。

 

 

サイトのダウンロードが完了すると、jsn172フォルダの中に取得したライブドアブログのタイトル名フォルダができます。

ライブドアブログのタイトル名フォルダを開き、「livedoor.blogimg.jp」フォルダを開き、ライブドアブログの「アカウント名」のフォルダを開き、「imgs」を開くと、今までライブドアブログにアップした画像がフォルダ別に分かれてダウンロードされています。

今回は画像のダウンロードが目的なので「imgs」のフォルダ以外は、いらないので削除してもかまいません。

画像をアップロードしよう

先ほど、ダウンロードした画像を、WordPress用の新サーバーにアップロードします。

ライブドアブログから、一括取得した画像の「imgs」フォルダを、FFFTPソフトなどを使って、新サーバーの/wp-content/uploads/の中にフォルダごとアップロードしましょう。

 

 

記事のデータを置換しよう

今度は、先ほどライブドアブログからバックアップした記事のデータ「backup.txt」をテキストエディタで開いて、編集する必要があります。

文字コードはUTF-8にする必要があるので、メモ帳やワードパットを使用しないで、必ず、テキストエディタを使って編集しましょう。わたしはフリーソフトのテキストエディタ「Mery」を利用して編集しました。

 

画像のURLを新ドメインのURLに一括置換しよう

今の時点では、出力した「backup.txt」の画像パスは、以下のようにライブドアブログのパスになっています。

http://livedoor.blogimg.jp/ユーザー名/imgs/●/●/●●●.jpg

このままでは、ライブドアブログのサーバーにアップロードしている画像が表示されてしまうので、このhttp://livedoor.blogimg.jp/ユーザー名/の部分を以下のように一括置換しましょう。

置換前

http://livedoor.blogimg.jp/ユーザー名/

置換後

http://新ドメイン/wp-content/uploads/

【テキストエディタ「Mery」で一括置換した例】

 

変更後

http://新ドメイン/wp-content/uploads/imgs/●/●/●●●.jpg

 

置換ができたら、「Mery」などのテキストエディタから、画像のURLをクリックして、アクセスできるか確認することをおススメします。

ウェブ上に画像が表示できてたら、画像パスの変更は成功です。もし、「お探しのページが見つかりませんでした。」みたいな表示の場合は、もう一度パスを見直してみましょう。

 

 

内部リンクのURLを一括置換しよう

ライブドアブログ内で記事をリンクしているURLも、置換する必要があります。

今の時点では、出力した「backup.txt」の記事間内のリンクURLは以下のようになっています。

標準設定の場合

http://blog.livedoor.jp/ユーザー名/archives/123456.html

 

わたしはサブドメインを使用してるので、

http://ユーザー名.blog.jp/archives/123456.htmlと、こんな感じです。

この太字の部分を以下のように一括置換しました。

置換前

http://ユーザー名.blog.jp/

置換後

http://新ドメイン/

【テキストエディタ「Mery」で一括置換した例】

 

変更後

http://新ドメイン/archives/123456.html

 

 

TAGをTAGSに一括置換しよう

ライブドアブログからバックアップした記事データの「タグ」は、そのままではWordPress側が認識してくれません。

ライブドアブログでタグを設定していない方は、この作業は必要ありません。

なので、記事データの「TAG」を以下のように置換する作業と、WordPressへインポートするときに使う、「Movable Type and TypePad Importer」のプラグインを編集する必要があります。

ここでの作業はひとまず、記事データの「TAG」を「TAGS」にテキストエディタで一括置換しましょう。

【テキストエディタ「Mery」で一括置換した例】

 

 

置換した記事データを保存しよう

置換ができたら、エンコードを「UTF-8(BOM無し)」にして、デスクトップなどのわかりやすい場所に保存しましょう。

保存するときは、「上書き保存」しないで、「名前を付けて保存」を選びましょう。「名前を付けて保存」することで、以下のようにエンコードを確認して保存することができます。

 

これで、ライブドアブログの記事データを、WordPressに引っ越しする準備が整いました。

 

ライブドアブログから、WordPressに引っ越ししよう

ここからは、WordPressからの操作になります。

WordPressの管理画面を開きましょう。

このまま記事データをインポートしてしまうと、ライブドアブログとWordPressに同じ記事が存在してしまい、重複してしまうので、ブログの引っ越し作業が終わるまでは、検索エンジンがサイトをインデックスしないように設定しておきましょう。

WordPressの管理画面の左メニューから、設定表示設定検索エンジンでの表示で、「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックを入れておきましょう。

 

 

パーマリンクを設定しよう

WordPressのパーマリンクを設定しましょう。

パーマリンクとは、各記事毎に設定される個別のURLのことです。

ライブドアブログではデフォルトの場合、各記事のURLは自動で記事番号が割り当てられて、以下のようになっています。

http://blog.livedoor.jp/ユーザー名/archives/123456.html

WordPress側で以下のようにパーマリンクの設定することで、今まで書いてきたライブドアブログの記事のドメインから後ろのURLを変更することなく、新ドメインでもWordPressに引き継ぐことができます。

WordPressの管理画面の左メニューから、設定パーマリンク設定を開き、「カスタム構造」にチェックを入れて、「/archives/%postname%.html」と、入力して「変更を保存」をクリックしましょう。

これで、ライブドアブログのパーマリンクとWordPressのパーマリンクが、同じ形式で設定できました。

 

 

記事データをインポートする前に

次に、WordPressに記事データをインポートしていきますって言いたいところですが、「段落と改行の問題」「タグを引き継ぐ問題」があります。問題を解決するためWordPress側のプラグイン「Movable Type and TypePad」を編集する必要があります。

今から行う作業は、プラグインを編集する作業になるため、自信がない方にはおススメできませんが、万が一、編集してエラーになった場合は、プラグインの「Movable Type and TypePad」を、いったん削除してから再びインストールする方法もあります。

編集する前は必ずバックアップをしておきましょう。

 

段落と改行

ライブドアブログの記事データをインポートするときは、WordPressのプラグイン「Movable Type and TypePad」を使ってするんですが、「backup.txt」ファイルをそのままインポートしてしまうと、段落が反映されない問題がおきます。

ライブドアブログの記事は、段落の<p>タグを使っておらず、すべて<br />タグとCSSの調整で改行してるみたいです。そのため以下のように、ライブドアブログでは、行間がきれいに整って見えていたのが、WordPressでは、詰まったようになって表示してしまいます。

 

試しにWordPressにインポートした記事のソースを覗いてみると、以下のようになっていました。

 

これを、以下のようにするため記事データをインポートするまでにプラグインを少しいじります。

 

プラグインに「Movable Type and TypePad」が無い場合は、WordPressの管理画面の左メニューから、プラグイン新規追加からインストールして有効化にしましょう。

 

段落の問題を解決するために、WordPressの管理画面の左メニューから、プラグインインストール済プラグインをクリックして、「Movable Type・TypePad インポートツール」の「編集」をクリックしましょう。

「movabletype-importer/movabletype-importer.php」の編集を開き、455行目にある「if( !empty($line) )」の行頭に「//」を追加記述しましょう。「//」は、コメントアウトです。

キーボードのCtrl+Fキーなどを使って「if( !empty($line) )」と検索すると見つけやすいです。

変更前
if( !empty($line) )

変更後
// if( !empty($line) )

行頭に「//」を追加記述したら、「ファイルを更新」をクリックします。

これで、変なところに<br />タグが追加されないはずです。

 

 

タグの引き継ぎ

タグをWordPress側で引き継ぐ場合は、「Movable Type and TypePad Importer」プラグインの「movabletype-importer/movabletype-importer.php」を引き続き編集する必要があります。

ライブドアブログでタグを設定していない、またはタグを引き継がないときは、この作業は必要ありません。

参考WordPress 3.0にMovable Typeのタグをインポートする

参考にさせていただきました記事では、WordPress3.0です。この記事ではWordPress 4.8.1です。Movable Type and TypePad Importerのバージョンは0.4ですが、問題なくタグを引き継ぐことができました。

プラグインの編集ヵ所は、ザックリ言うと6ヵ所あります。これを一つ一つ書き換えや記述の追加をしていきました。

1ヵ所でも間違えると、エラーになってしまうので、慎重に編集していきました。

Movable Type and TypePad Importerを有効化にしてから、プラグインインストール済みのプラグインと進み、「Movable Type・TypePad インポートツール」の「編集」をクリックします。

 

 

次に、プラグインファイルの「movabletype-importer/movabletype-importer.php」を選びます。

 

ここから、「movabletype-importer/movabletype-importer.php」を編集します。

編集ヵ所はハイライトで表示しています。

Movable Type and TypePad Importerのバージョンが違うと、以下の行も違うので要注意です。

253行目を編集

以下のように書き換え

 

 

279行目と281、282行目を編集

以下のように書き換え

 

 

355行目を編集

以下のように書き換え

 

 

ここからは追加記述です。

335行目の下に追加記述

以下のように追加記述

 

 

363行目の下に追加記述

以下のように追加記述

 

 

413行目の下に以下のように追加記述

 

 

これで、「Movable Type and TypePad」の編集作業は終わりなので、「ファイルを更新」をクリックしましょう。

「ファイルを更新」して、エラーが出るようなら、編集したヵ所のどこかが間違っています。もう一度、見直してみましょう。

 

 

記事データをインポートしよう

準備が整ったところで、いよいよライブドアブログの記事データをWordPressにインポートしましょう。

WordPressの管理画面を開いて、左メニューからツールインポートMovable Type と TypePadを選び、インポーターの実行をクリックしましょう。

WordPressのツールに「Movable Type and TypePad」がない場合は、プラグインから「Movable Type and TypePad」を新規追加しましょう。

 

次に、ライブドアブログからバックアップした記事データの「backup.txt」ファイルを選択して、「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックしましょう。

 

 

次に、「投稿者の割り当て」という投稿者の選択画面になります。

現在、WordPressにログインしているユーザーでインポートするか、プルダウン選択から別のユーザーとしてインポートするかを選択することができます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください