「ポケモンGO」の再来か…! ガンホーが「新作」で大復活の兆し

新作『妖怪ウォッチ ワールド』が大人気

 「パズドラ・ショック」が弾けて以来、長く凋落を続けているガンホー・オンライン・エンターテインメント(3765)。

ここへきてその株価に「光明」が見えてきたことをご存じだろうか。

財産ネット企業調査部長の藤本誠之氏が言う。

「ガンホーはスマホゲーム『パズル&ドラゴンズ』が大黒柱のスマホ向けゲーム会社ですが、パズドラの利用者の減少などでその株価は大幅下落していました。それが9月13日に安値209円をつけてから、急速に出直ってきたのです」

きっかけとなったのは、ガンホーの新ゲーム『妖怪ウォッチ ワールド』。

このゲームは、人気コンテンツ「妖怪ウォッチ」を手掛けるレベルファイブとガンホーが共同開発したスマートフォン向け妖怪探索位置ゲームである。

6月にサービス開始するとユーザーが殺到し、いきなりApp Store、Google Play ストアで無料ゲームランキングの1位を獲得。

9月14日には累計200万ダウンロードを達成するなど、一大ブームぶりを見せているのだ。

しかも、近年は同じ位置ゲームとして『ポケモンGO』の大ヒットがあっただけに、「ポケモンGOの再来となるか」「第二のポケモンGOとなるか」と、マーケット関係者の期待感が高まっている。

「ゲーム愛好者の間では、両ゲームが『似ている』『いや、似ていない』と話題になっているほど。両ゲームを比較して、どこが似ていて、どこが違うかを分析するような動きも出ている」(スマホゲーム会社の開発者)

では、ガンホーの株価は、さらなる上昇相場が期待できるのか。

ズバリ、的中率80%を超える『Phantom株価予報AIエンジン』(財産ネット社開発・運営、詳細はhttps://phantom-ai.com/)が弾き出した「週間株価予報」は以下の通りである。

前出・藤本氏が言う。

「ガンホー株は、しばらくリバウンド相場が期待できそうです」

今週の「上がる銘柄」「下がる銘柄」予報

 『Phantom株価予報AIエンジン』が主要上場銘柄について株価予測を実施したところ、今週特に株価が強い上昇傾向を示した銘柄としては、前述したガンホーのほかでは、ミツバ(7280)に注目。

「ミツバは、ホンダ向けが約5割の自動車用ワイパーモーターが主力の自動車部本会社です。米国集団民事訴訟の和解金105億円の特別損失などで、ここ2年で株価が約3分の1まで大幅下落していました。

それがインド2輪向けが好調などの好材料もあり、リバウンド相場に入ったようです」(前出・藤本氏)

そんなミツバの「AI株価予報」の結果は、以下の通り。

一方、今週の「AI株価予報」で株価下落が予測されているのが、ソフトバンクグループ(9984)である。

「先週のAI株価予報では上昇相場が予想されたが、上値は重く高値圏の横ばいが続いた。今週は、上値の重さを嫌気して、一旦下落しそうです」(前出・藤本氏)

今週はガンホー、ミツバ、ソフトバンクの3銘柄に注目したい。

———-
「今週のAI株価予報」とは
———-

●財産ネット社(https://zaisan.net/)が独自開発した株価予測AI『Phantom AI』が、トレンド分析し、未来の株価を計算しています●「目標株価」は、翌営業日に80%以上通過すると期待される範囲になります(225銘柄でバックテスト検証済)●「押し目買いゾーン」、「吹き値売りゾーン」は、一般的には上髭下髭エリアです。一時的に値が動いた場合、その後目標株価へ収束する可能性が高いゾーンです。ゾーンを超えて推移した場合は、当エンジンの想定を超えるイベントが発生した可能性が高くなります●この予測をもとに個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください