新供述「焼酎のソーダ割りも」 吉澤 ひとみ容疑者

酒気帯びでひき逃げした疑いで逮捕された元「モーニング娘。」の吉澤 ひとみ容疑者(33)が、その後の警視庁の調べに対し、「缶チューハイ以外にも、焼酎のソーダ割りを2杯飲んだ」と供述していることが新たにわかった。

吉澤 ひとみ容疑者は9月6日、東京・中野区で、酒気帯び状態で車を運転し、横断歩道を渡っていた自転車の女性(20代)をはねて、逃走した疑いが持たれている。

逮捕直後の調べに対し、吉澤容疑者は、「缶チューハイ3缶を飲んだ」と話していたが、この缶チューハイは、アルコール度数が9%と度数の高いものであったことが新たにわかった。

また、その後の調べで、「缶チューハイ以外にもアルコールを飲んだ」と供述を変えていたが、飲んだ物が焼酎のソーダ割り2杯だったことも新たにわかった。

吉澤容疑者からは、基準値のおよそ4倍のアルコールが検出されていて、警視庁は、酒を飲んでから事故を起こすまでのくわしい状況を調べている。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください