缶チューハイ3本飲んで7時間後・・・“時間”か“量” 吉澤容疑者の供述に違和感

  • 吉澤容疑者は「午前0時まで缶チューハイを3缶飲んでいた」と警察に供述
  • 基準値の4倍近いアルコールが検出されている
  • しっかりした裏付け捜査を!

缶チューハイ3本飲んで、7時間後、どれぐらい酒が残ってます?

元モーニング娘の吉澤ひとみ容疑者が、飲酒ひき逃げ容疑で逮捕された。
飲酒運転撲滅が叫ばれる中、信じられない話だ。

この数値は”酔っぱらっている状態”

そもそも、飲酒運転には、3つの種類がある。
『酒を飲みながら』運転と、『酒を飲んだ直後』運転、そして『酒が抜けてなかった』運転。

酒が抜けてなかった運転は、夜、酒を飲んで寝たのに、朝になっても酒が抜けていなかったケースが大半だ。

今回、吉澤容疑者は、酒が抜けてなかった運転を主張していて、『夜0時ごろまで缶チューハイ3本を飲んで寝た』と供述している。
一方で、吉澤容疑者の呼気からは、基準値の4倍近い、アルコール濃度が検出されている。

体質にもよるが、この数値は、そこそこ酔っぱらってる状態を指す。

何か怪しい! しっかり捜査を

さきほどの供述を参考にすると、事故が起きたのは朝7時ごろですから、彼女は、缶チューハイを飲んでから7時間後に、そこそこ酔っぱらっていたことになる。

そう聞くと、『本当に?』と首をかしげる人も多いのではないだろうか。

仮に、供述が間違いで、深夜・朝方まで飲んでいたり、もっと大量に飲んでいたら、酒が抜けてなかったではなく、『酒を飲んだ直後』運転と同じくらい悪質だ。

という訳で、最後に改めて、缶チューハイ3本飲んで、7時間後、どれぐらい酒が残ってます?
しっかりとした裏付け捜査を望みます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください