大黒摩季ラジオ番組 最終回の報告なく突然の終了 エフエム北海道「編成上の都合」リスナーに謝罪

エフエム北海道(AIR―G’)(札幌市中央区)は29日、大黒摩季(48)がパーソナリティーを務める「トーホウリゾートpresents大黒摩季♪大人のBreak Time」(金曜前10・50~11・00)を28日の放送をもって終了すると公式サイトなどで発表した。理由は「編成上の都合」。「突然の放送終了に至りました」とし、リスナーに謝罪。大黒は28日の放送で最終回の報告をしていない。

【写真】日本ハムのユニホーム姿で熱唱する大黒摩季

同サイトは「突然のことではありますが、『トーホウリゾートpresents大黒摩季♪大人のBreak Time』は、編成上の都合で、9月28日の放送をもって終了させていただくこととなりました。毎回の放送を楽しみにしていただいていたリスナーの皆様、大黒摩季さんのファンの皆様には、突然の放送終了に至りましたことを、ここにお詫び申し上げます。番組をお聞きいただき、また温かいメッセージをお寄せいただきましたことに感謝申し上げます」と報告し、謝罪した。

28日の放送はオープニングトークに続き、自身の新曲「親心ブルース」をかけた後、リスナーの質問に回答。最後に自身のライブの告知をし「それでは、お相手は大黒摩季でした」。この日が最終回とは言わなかった。

番組は2016年11月にスタート。昨年4月、5分から10分に放送時間を拡大した。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください