小川彩佳アナ『報ステ』卒業で涙 7年半「見守ってくださり、本当にありがとうございました」

テレビ朝日の報道番組『報道ステーション』のサブキャスターを7年半にわたって担当した、同局の小川彩佳アナウンサー(33)が28日、同番組を卒業した。最後のあいさつで小川アナは涙をぬぐい「本当に不器用で至らなない点ばかりのサブキャスターだったと思うんですけど、7年半の間、見守ってくださり、本当に、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を伝えた。

【写真】黒のひざ上ワンピ姿を披露した小川彩佳アナ

番組エンディングで、メインキャスターの富川悠太アナ(42)から卒業が伝えれると、小川アナは「きょうで最後の日となりました」とあいさつ。「2011年の東日本大震災のあった直後の4月からサブキャスターを担当させていただいてまいりました。本当に無力感にさいなまれることばかりでですね……」と伝えたところで「あ、もう、ダメだ」と言葉を詰まらせ、涙をぬぐった。

それでも、声を振り絞り「意味のある言葉を紡ぐことの難しさということを痛感する日々だったんですけども。それでも、一人でも多くの方に届く言葉をと、模索し続けてこられたのは、本当にひとえに取材先で出会った、皆様の温かさだったりですとか、番組をご覧になった皆様の叱咤激励の声、あればこそです」と感謝。

「本当に不器用で至らなない点ばかりのサブキャスターだったと思うんですけど、7年半の間、見守ってくださり、本当に、本当にありがとうございました」と深々と頭を下げた。

小川アナは、10月からインターネットテレビ局「AbemaTV」の看板ニュース番組『AbemaPrime(アベマプライム)』(月~金 後9:00~11:00)の司会進行役でレギュラー出演する。

最後は笑顔で「『報道ステーション』とまったく同じ時間帯の番組(『AbemaPrime』)でして、真裏となってしまうんですけど」と笑いを誘いつつ、「テレビでは『報道ステーション』をご覧いただいて、お手元のスマホやパソコンでは、ぜひ、『AbemaTV』をのぞいていただけたらと思います」とアピール。「これからも、ぜひ、同じ時間を過ごさせてください。よろしくお願いします。本当にありがとうございました」と締めた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください