(コラム)9月の日銀短観ー景況感、3期連続で悪化=大企業製造業

日銀が1日発表した9月の全国企業短期経済観測調査(短観)によると、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は大企業製造業でプラス19となり、3四半期連続で悪化した。3期連続で悪化するのは、リーマン・ショック前後の2007年12月調査から09年3月短観まで6期連続で悪化して以来となる。6月の前回調査では、プラス21だった。

DIは、業況が「良い」と回答した企業の割合から「悪い」と答えた割合を引いた値。3カ月後の見通しも19となった。

とあるが、当たり前である。
古き良き伝統と思っている大型大量受注ばかりとって、卸業を何軒も挟んで小売に回している現状では中国勢に勝てるわけない。

新しい市場にこそ道は広がる。現状の方法も悪いと言わないが通販ネット会社大手は日本国籍の会社でなくても店舗出店を認めている。また、外国人特有のルートと資金力を使い日本市場に安い同類製品を販売している。国産産業を守るという意識は日本人には薄い傾向がある。アベノミクスで資金量はバブル以上に市場にあるが、投資家や投資企業(銀行)が確実な利益を求めるばかりに未来への投資を行っていないと言うのが現実である。

アメリカは大統領が代わり、国産生産企業にテコ入れを始めた。日本はこのまま製造業を潰し日本の小売市場も外国に乗っ取られ土地も買い占められる状況でいいのか。ここが一番の問題だ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください