阪神・矢野新監督が就任会見「よし、やってやるぞと」

阪神の矢野燿大新監督(49)が18日、大阪市内で就任会見に出席した。

球団旗が掲げられ、タイガースカラーの黄色の花が飾られたテーブルに着席すると、矢野新監督は真っすぐ前を向いた。

【写真】端正なマスクに熱いハート 鬼の形相で審判突き飛ばす

藤原次期オーナーからの紹介の後に抱負を語った矢野新監督は「今は不安や怖さがありますけど、監督をやらせていただくと決めてから、そういうのもあるけど、よしやってやるぞという風に向いている。不安や怖さがキャンプ、オープン戦で自信に変えていけるように」とコメントした。

また監督就任決断の理由については「2軍監督やってきたことで、終わったことに引っ張られるのでは無く、前を向いていく。そういうのを選手に言ってきた。メンタルの部分を伝えてきたけど、そう言ってる自分が逃げる、やらないという選択をしたときに、僕が言ってきたことがウソになる。僕も挑戦すべきだと思いました」と、2軍監督時代に選手に伝えてきたことを自らが実践しなければ嘘になると説明した。

どんなチームを目指したいかという質問には「2軍でも言ってたけど、ファンが喜ぶチームを作りたい。選手がいいプレーをして、フロントも現場も一体となって達成できる。しっかりファンを喜ばせるということを考えてやっていきたい」と、何よりもファンに喜んでもらえるチーム作りを掲げた。

そのために必要なものは何なのか?「僕は前向きなプレーが好き。攻めていってほしいし、感情を表に出してほしい。そういうのがファンの方にも分かってもらえると思うし、前を向いてどんどんやっていければなと思っています」と、闘志を前面に出したプレーを選手たちに求めた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください