Mステ新サブMCは入社1年目の並木アナ 抜てきに緊張“相棒”タモリは「仙人のよう」

テレビ朝日「ミュージックステーション」(金曜後8・00)の新サブMCに同局の新人、並木万里菜アナウンサー(22)が就任することが18日、東京・六本木の同局で発表された。

【写真】「ミュージックステーション」を卒業した弘中綾香アナウンサー

並木アナは9月17日放送の「ミュージックステーション ウルトラFES2018」で番組歴代最長となる5年間務めたサブMCを卒業した弘中綾香アナウンサー(27)の後任。初登場となる19日放送の2時間スペシャルから、メーンMCを務めるタモリ(73)とタッグを組むことになる。同番組のサブMCは1996年4月から同局の女性アナウンサーが担当してきており、会見には下平さやか(45)、武内絵美(41)、堂真理子(37)、竹内由恵(32)、弘中といった歴代サブMCを務めた各アナウンサーが勢ぞろいし、並木アナを激励した。

並木アナは「明日(19日)のミュージックステーションの…サブMCを明日から務めさせていただきます。緊張してます」と大役を前にド緊張。担当が決まった時の心境を聞かれ、「最初に部長から聞いた時は頭の中が真っ白になって心臓が2、3秒止まった気がしました。それぐらい衝撃的でした」。それでも「入社してまだ半年、ほとんど私のことを知らない人が見ると思います。その中で、自分にできることを精いっぱいやって、謙虚に、まっすぐに、生の音楽の楽しさをお伝えできれば。まずは明日の本番を終えられることを願って、頑張ります」と緊張感いっぱいに意気込んだ。

コンビを組むタモリにはすでにあいさつを済ませた。タモリについて「テレビで見ている時は、タモリさんは優しそうなおじちゃんという感じだったけど、ごあいさつさせていただいた時に初めてお会いして、仙人のようだなと。それぐらい遠い存在だった方と、次からお仕事させていただくので本当に光栄。黄色い温かいオーラが出ていました」と並木アナ。そんなタモリから「向上心はいらない。反省はしなくていい」という助言があったといい、「この言葉の意味が今はまだわからないですが、これから経験していく中でちょっとでもその意味をくみ取ることができるように頑張ります」と話した。

前任の弘中アナは「本当に緊張していると思うし、右も左もわからないと思う。私も放送中に、心が折れそうなこともあったけど、そういう時は開き直る。私しかこのいすには座れないと自分に言い聞かせて、自信を持って明日からサブMCとして頑張ってください」と後輩にアドバイス。2015年からスタートした夏恒例の10時間生放送「―ウルトラFES」はまだ弘中アナしか経験していないということもあり、「持久力には自信があります。10時間の生放送は体力と精神力です」とキッパリ。そんな先輩に、並木アナは「ちょっと信じられないです。10時間も集中力と精神力を切らさないのは…」と憧れのまなざしを向けた。

サブMCデビューを控え、これまで2回生放送を見学。先輩たちの初回放送もすべて見返し、準備は万端。「先輩方の初回の放送をお願いをして見せていただいて、先輩方がこんなに緊張しているんだと。弘中さんの初回では、NMB48とE―girlsが初めてのMステの登場で、今、こうやって活躍する方も初めてがあるんだって、親近感が抱きました。明日(19日)の放送では、とE―girlsさんも登場するので運命を感じています」と目を輝かせた。

◆並木 万里菜(なみき・まりな)1996年(平8)1月27日生まれ、東京都葛飾区出身の22歳。成蹊大学経済学部卒。在学中「ミス成蹊2015」に。今年4月、テレビ朝日に入社。情報バラエティー番組「お願い!ランキング」(月~木曜深夜0・55)にリポーターとして出演中。身長1メートル59。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください