若槻千夏、商才に宿る「ネットの付き合い方」と人生観

2007年、若槻千夏は芸能活動を休止した。自分でもよくわからない。勢いだけだった。退路を完全に断ち、あてもなく渡米した彼女を救ったもののひとつがインターネットだ。mixiで情報収集をし、WEBストアで古着を売って1年間なんとか戦い抜いた。

帰国後はブランド「WC」を立ち上げ、国内外で愛されるキャラクター「クマタン」を生み出す。現在では、タレント業とクリエイター業をこなす。多忙を極めるはずだが、話す姿はほがらかだ。テレビの視聴率は落ち、雑誌は軒並み休刊。一方で、インフルエンサーマーケティングという言葉が頻繁に使われるようになり、結婚報告もInstagramでする時代になった。メディアの影響力が変わりつつある時、彼女はどうやって仕事に向き合っているのだろか?

DMでやりとりして会う約束をしたら、現れたのは芸能人

――人気絶頂の時に、どうして突然LAに行ったんでしょうか?

毎日収録と撮影に追われて、楽しかったんですけれど……とにかく「できない!」って思っちゃったんですよね。事務所には「古着の買い付けに行ってくる」と言い張って。22歳のときですかね。

――反対されませんでしたか?

めちゃくちゃ反対されました(笑)。当時は事務所も小さかったので、私がいなくなったら回らなくなっちゃう。

でも、「これから1年間は日本で働くので、その1年以内に次のタレントを見つけてください」って言いはっちゃったんですよね。それで、23歳のときに渡米。

――帰る場所がなくなる不安はなかったんでしょうか?

帰るつもりがなかった……ひょっこり帰ってきましたけど(笑)。

――英語は……?

全然! 未だに話せないし、話す気もないです。ジェスチャーとノリでコミュニケーションをとってましたね。英語ができないからこそ「がむしゃらな日本人」に見えたのか、手を差し伸べてくれる海外の方は多かったです。英語がペラペラじゃなくて逆によかった(笑)

本当にすべて手放して、ゼロからスタートだったので、プライドも何もなかった。

――現地ではどうやって情報収集を?

基本的に買い付けは足で稼ぐけど、mixiも使ってました。古着とか在米コミュニティに入って情報収集をしたり、アポを取ったり。

――本名でやっていたんですか?

確か「チコツちゃん」、「千夏ちゃん」みたいな……恥ずかしい名前でやってました(笑)。mixiは流行る前からプライベートで使っていたので。

ブログはタレントとして多くの人に見てもらうために書いていたんですね。でも、mixiは「プライベートでやってもいい」のが、すごく衝撃的でした。

――アポはどうやってとっていたのでしょう?

50人ぐらいにDMを送りました。返信が来たのは5人かな……。「チコツちゃん」っていう謎のアカウント名で、「古着をやりたいんです」といきなり連絡が来ても返さないですよね。怪しいですもん。

返信が来た人とは、連絡先を交換して会いにいきました。

――DMやりとりしてた人と実際に会ってみると「若槻千夏」だった。これってかなり衝撃だと思います。

アメリカなので、日本人といえども「若槻千夏という芸能人」のことを知らない方も多いんですよ。あと、プライベートだと静かな性格なので「もしかして、若槻さんですか?」ってぐらいが一番多いです。顔より声で気づかれることが多いですね。

知ってる人は誰もいないし、気持ちを伝えるのは大変ですから、不安で泣くこともありました。でも1年、とにかく古着を買い付けては、きれいに洗ってWEB上で売って。最初は「こんなの東京でも売ってるような古着じゃん」と言われることもあったんですけれど、なんとか。

DMで仕事を依頼するのは、ルール違反

――mixiは活用していたけれど……Twitterはやらないんですか?

やらないですね。Twitterは手軽過ぎるので、怖い。ブログは自分の思ってることを伝えたるために文章をちゃんと書く。Instagramは加工してクリエイティブにこだわる。

私の中で、一番こだわらないのがTwitterだったんです。ありのままの自分を世の中に発信できるって危険。歯止めが効かないし、自分の「当たり前」が、他人から見たら「え?」と思うことってすごく多い。私は口が悪いので向いてないと思いますね(笑)。

仕事のツールとしてドライに使ってもいいんですけれど、宣伝に繋がることしか投稿しなくなっちゃう。そんなの一番つまらない。だから私はやってないです。

――Instagramはどういう位置づけなんでしょう?

自分の生活に合ってるSNS……ですかね。ブログは独身時代に暇すぎてやってたんです。彼氏が7年いなかったので、夜暇な時に書いてました。文章が誰かに届くと嬉しくて一生懸命書いてたんですけれど、親になったり仕事を始めたりすると時間に余裕がなくなって。Instagramは自分がいいいなと思った写真を載せられるので、手軽。

ハッシュタグはほとんど使いません。なんかキラキラしてて……いや、本当は使いたいのかな。

――複雑な心境?

わかんないというか……嘘がばれる時代じゃないですか。「これを愛用してます」と言っても、その真偽ってすぐにわかる。

昔は、そういう宣伝文句を鵜呑みしちゃったり、何も考えないで芸能人の真似する人も多かった。でも、今は有名人御用達のモノが売れる時代じゃない。

これは自分で会社をやってて実感しますね。アパレルをやってる時は、ネットに画像をあげた瞬間に店舗から商品が消えたり、再入荷の問い合わせが止まらなかったり。その恩恵は受けました。でも、そういう時代はもう過ぎ去ってしまった。

ただ渡すだけで宣伝をする方法は、合ってないと思います。本当にいいと思うものは、消費者それぞれが決める時代なので。宣伝で動くほど簡単な時代じゃない。

――Instagramで「宣伝してください」って打診されることはありますか?

あります。DMに経由で「興味ありましたらプレゼントするので」みたいな。完全に無視しますけど。

――完全無視。

私は自分で会社もやってはいますけれど、事務所に所属している身でもあるんです。だから、事務所を通してこない仕事ってその時点でグレー。事務所のこともわかってるのに、個人DMで依頼をするスタンスは汚い。ルール違反な気がします。

やっぱり仕事って会社を通して依頼をするものだと思うので。タレントの友だちはいますけど、「これ載せて」と言ったことはないです。

一方で、私も「インフルエンス」する側の立場だっていう認識はあって、自分の評価とか、そういうのも気になります。ちゃんと依頼が来て、自分も本当にいいなと思ったら、本音で投稿する。こういうのが、ちゃんとしたお仕事だと思います。

二児の母、デザイナー、タレント。普通にやりくりしてます

――会社はどんな経緯でできたんでしょうか?

必要に迫られて(笑)。アパレルをやっている時に、クマタンっていうキャラクターを作ったんですね。ブランドを一度終了するときにデザイナーである私が権利をもつことになった。ライセンス事業になるのでちゃんと会社で管理しようと思ったんです。

アパレルをやっていたメンバーと一緒に会社を立ち上げたので、すべてそのまま引き継いでいます。私はあくまでデザイナーとしての所属です。

フォトショにもかれこれ8年くらいお世話になっています。中国とか台湾からデザインの提案が来たときに、色合いが微妙に違っていると、自分で色の指示をした方が早いんですよ。明確に伝えれた方がいいので、パントーンとか書籍を10冊以上買ったりして勉強しました。

――デザイナー業とタレント業。今は、二児の母でもあるわけですが、どうやってやりくりしてるんですか?

どうやっているんでしょうね……(笑)。普通ですよ。朝、子供を送って、午前中は家事をやり、午後に収録とか会社に行く。

夫も同じ会社なので完全に二人三脚です。私が仕事の日は彼が在宅ワークをしながら子供を見る。フレキシブルに働けるので助けられてますね。

夫はリベラルなタイプなので、イクメンとか……そういう表現はあんまり好きじゃないみたいです。「二人でやるのが当たり前」という考えの人。

私も、働いている、働いていないにしても、家事は一緒にやった方がいいとは思いますね。どっちかがやるっていう時代ではないかな。

一緒に会社を立ち上げるのは、いいですよ(笑)。

――同じ会社ということは、アパレル時代からの社内恋愛……みたいな?

ちょっと変わった話なんですけれど……占いで決めたんです。

――え!

お世話になってる占い師さんに、ブランドをこれからどうしていけばいいのか相談をしていたんですね。「人員を増やすか、減らすか、事業の拡大はどうするのか?」という。

そうしたら「全員の生年月日と名前持ってきて」って言われて。10人くらいかな……持っていったら「この中に結婚相手がいる」って言われたんですよ(笑)。

誰かと思ったら、一回も話したことない人だった。「え? この人、一言も発しないくらい無口ですよ」って驚いて。その帰り道から彼を男として見るようになって、好きになって、結婚してました。

――占いから、7年ぶりの恋愛で、結婚。決め手は何だったのでしょう?

彼には何にも干渉されなかったんです。例えばデート中に携帯をいじってると「今やる必要ある?」って言う人っているじゃないですか。それで上手くいかないことは多かったんです。職業柄、必要なこともあるので。

――放っておいてくれる。

そうです。放っておいてくれるし、彼もゲームしたりとか、自分の時間をうまく使うので気が楽だった。恋人の感覚よりも家族として見られたから結婚しました。

とはいえ、ずっと「絶対結婚できないよ」って言われて生きていて(笑)。何でも自分で仕切れちゃうし、男の人にも強く言うし。でも本当に、そんな私が一番結婚に向いてるなと思いました。

――結婚に向いてる……?

ブランドを降りようと思ったときと、子供が産まれた時期が一緒だったんです。独身だったら「どうすればいいんだろう」と悩むだけだった。でも、子供産まれるから、私が守っていかなきゃと思いまして。そのタイミングで会社も立ち上げました。

ブランドやめて、結婚、出産、起業。全部一緒のタイミングで、落ち込んだり考える暇がなかった。正直、辞めなきゃよかったなと思うこともあったし、もっと器用にできたんじゃないかって思うこともあるんですけど、いい意味で何も考えずにできた。

だから、「この人と結婚したから幸せになった」というより「結婚が私に向いてた」感覚です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください