インパルス コンビ解散せず継続へ…事故を起こした堤下が芸能活動再開

昨年、2度の自動車事故を起こし、無期限謹慎処分を受けていたお笑いコンビ・インパルスの堤下敦(41)が、芸能活動を再開することを23日、所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーが発表した。

【写真】事故を起こして謝罪した元アイドル 左手薬指に指輪なし…

堤下は、同事務所が展開する「あなたの街に“住みます”プロジェクト」における「住みます芸人」として、地元の神奈川県を拠点に活動を再開。事務所によると、インパルスは解散せず、コンビ活動も並行して過去同様に行うという。

堤下は昨年6月、睡眠導入剤を服用後に運転。意識不明状態で約2キロにわたって走行し、電柱に衝突する事故を起こした。道交法違反(過労運転、事故不申告)の疑いで書類送検され、罰金30万円の略式命令を受けたが、会見で深い反省を示したこともあり、事務所からの処分は受けなかった。

だが同10月、今度は神奈川県内の交差点で、停車していた先行のごみ収集車に追突し、乗員2人に軽傷を負わせる事故を起こした。立て続けの不祥事に、事態を重く見た事務所は堤下に無期限の謹慎処分を下した。

その間、被害者との示談が成立するなどし、今年3月には不起訴処分に。さらに半年あまりを経て、本人の反省の度合いなど、所属事務所の「総合的な判断」の結果、約1年で謹慎が解除される運びとなった。

所属事務所によると、現状では具体的な仕事は決まっていないという。堤下は事務所を通じて「関係者・ファンの方々には大変ご迷惑をお掛け致しました。申し訳ありませんでした。これからは初心に戻り、自らを律しながら一歩ずつ、活動を再開してまいります。引き続き、応援のほど、よろしくお願い致します」とコメントを発表した。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください