ワンオクTomoyaが“淫行報道”で芸能人の法令遵守意識の薄さ

またもや、“淫行報道”が出ましたね。アーティストや芸能人ならば法令を破ってもいいのかと思わざる出来事が多すぎる。芸人もニュース番組のコメンテーターとして活躍する現在毎月のように“淫行報道”されるとは問題ではないだろうか。
過去の事であれ、始末(お金などで)きちんとしておくべき事を、ケチるあまりに時限爆弾のように有名人になってから爆破するが、良く芸能人同士でかばい合っているが犯罪は犯罪。

芸能人を目指すのであれば過去おいても法令順守は守るべきだ。一般人がこのような事をすれば謝罪だけでなく職も失い家庭も失い世間体も無くすほど大ごとだが、過去の事だからという事で許されすぎてるのが芸能界だ。

才能があれば法律を条例を無視しても良いのか?

それなら一般人も同じ様にすべきではないのか、偏った報道の責任で芸能人ならOKと言うのは問題が多いのではないだろうか。過去でも現在でも法令が定められてる期間であれば犯罪者だ。20年前だから許されるとか甘い事を言うからおかしい事になる。

その芸能人のファンにとっては過去の事だからと流せるが、テレビやラジオ等公共の電波を利用して生活をしてる以上見たくない人間も居てるはずだ。ある芸能人は「見たくなければ見なければいい」という発言していたが、一般人からすれば、国から借りてる物で商売してるのになんて言い方だと思っている。

しかも、ネットでは「海賊サイト閉鎖」訴訟に伴い第三者委員会が勝手にネット網を自分たちの手で掌握しようとする話し合いを進めてるのに、芸能人に対しては公共の電波で好き勝手にやるのは許されるのか。

「ごめんで許されるなら警察はいらない」

マイナンバー法案の時でも本当に筆者はマスメディアに怒りを覚えたが、日米安保を戦争法案と言って芸能人も調子に乗って喚き倒して同時進行しているマイナンバー法案の欠点を報道せず決まってから、自分たちのお金の流れが丸裸にされると知り文句をいう姿。あさましすぎる。
私は、テレビで戦争法案反対とか行ってる間も、もっと恐ろしい法案が採択が迫ってるとマイナンバーに付いて訴え続けたが、大多数の日本人が認めた以上日本人として法案には従う。

「法令順守こそが平和な日本・民主主義では重要なことではないのか」

戦争が軍人の占有物で無いように、

基本的人権尊重主義
・自由主義
・福祉主義
・平等主義
平和主義
権力分立制
民主主義(国民主権主義)
法の支配

とされている。法の支配下のもと基本的人権が守られているのだ。

放送法

日本での公衆によって直接受信される目的とする電気通信の送信を行う者は、すべてこの法律によって定められたところにより規律される。

 

基幹放送事業者

放送の用に専ら、又は優先して割り当てる周波数を用いた無線局(基幹放送局)による放送を行う者である。基幹放送は基幹放送局提供事業者が保有・運用する放送局設備を利用し、放送法による認定を受けた認定基幹放送事業者が行うことを基本とするが、地上基幹放送に限り、2010年改正前と同様に自己保有する放送局設備を用い電波法による無線局免許を受けた事業者である特定地上基幹放送事業者が行うこともできる。

元々は、ネット網と違い国(国民)から放送を認定されてる事業者なだけで、「見たくなければ見なければいい」と言う話はおかしいのである。児童ポルノは所有してるだけで犯罪でそれが過去に所有していたものでも忘れていても犯罪だ。この定義に沿えばたとえ何年たっても淫行は裁かれるべきもので立件しないのは警察の怠慢としか言いようがない。昔は良かったが今は罰金や刑罰の対象となる事は多い。バレタときの法案が一番重要で一般人にはそれを適応して立件するが、マスメディアに対して警察が行えるかが今回の視点となるだろう。

 このコラムは、筆者の視点でモノを言ってる言論の自由を行使させていただいてるだけで、個人に対して魔女裁判のごとく吊るしあげるためのものではありません。ご了承ください

と全力で責任回避する権利を主張するビビりな筆者であったwww

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください