BABYMETAL、YUIMETAL脱退後の行方は? グループの“アイドル性”担った功績を振り返る

いつまでも少女じゃいられない。

1990年代のJポップに「夢見る少女じゃいられない」というヒット曲があったけれど、10月19日にYUIMETALBABYMETALから脱退すると正式発表された際、ふとそう思ったのだった。

昨年12月に体調不良が理由で彼女がユニットの活動から離脱して以降、BABYMETALは、SU-METALMOAMETALの2人にダンサーを加えた形でライブを続けてきた。また、彼女たちのメイクは濃くなり、衣裳もゴス色をいっそう強めたより黒っぽいデザインになった。2人ともまだ若いけれど、ビジュアルイメージがかなり変化し、大人っぽくなった。

ユニットへのYUIMETAL復帰が消えたことで、この路線はさらに強化されるのだろう。というか、仮にYUIMETALが在籍したままでも、変化は避けられなかったはず。メンバー全員が10代前半だった頃に結成されたBABYMETALは、ヘビーメタルを演じるにしては幼いというミスマッチ感の面白さから出発した。だが、ライブ経験を積み、SU-METALの歌唱力やYUIMETAL&MOAMETALのパフォーマンス力が向上し、海外進出も果たす過程で当然、年齢は上昇していった。次の展開を考えるべき時期と、YUIMETALの脱退決断が重なった。そんな風にみえる。

今回は、YUIMETALのいた時代のこのユニットをもう一度ふり返ってみたい。

BABYMETALは、アイドルグループ・さくら学院の重音部として2010年に結成された。3人は後にさくら学院を卒業してBABYMETALに専念するようになり、国内で人気を獲得するだけでなく各国でライブを行い海外での知名度も高まった。彼女たちが注目された理由が、アイドルとメタルの融合というコンセプトであったことは間違いない。

過去にもアイドルがハードロックやヘビーメタルの要素をとりいれた例はあったが、BABYMETALのやりかたは徹底していた。最初のシングル曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、タイトルからも想像できるようなアイドルポップス的なボキャブラリーの詞とメロディの曲だった。それが重いギターリフやバスドラムの連打で彩られ、メタルのアレンジになっていたのである。あまりにも強引な融合ぶりで興味を引くサウンドだった。以後もこのユニットは、アイドル+メタルの発想に基づき、あの手この手の融合を実践する。

BABYMETALは、SU-METALの伸びやかな歌声と、YUIMETAL&MOAMETALのScreamと呼ばれる合いの手&ダンスの組み合わせからできていた。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」やその続編的な「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」などは、アイドル的な曲をメタルにアレンジするパターンだったが、3人の役割分担を確立したのは「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」といった楽曲だろう。ドラマチックなシチュエーションを歌うSU-METALにYUIMETAL&MOAMETALがコミカルに感じられる合いの手を入れる。前者のメタルサウンドに埋もれない力強い歌声の凛々しさ、健気さと、後者コンビのアイドルらしい可愛らしさと無邪気さの合体である。

振付に関しては「ギミチョコ!!」などが典型的だが、中央で歌うSU-METALに対し、YUIMETAL&MOAMETALが、両脇を固めるように、あるいはじゃれあってまとわりつくようにするのが基本形だった。SU-METALはポニーテールだが、彼女の二歳下であるYUIMETAL&MOAMETALはどちらもツインテールであり、姉と双子の妹のように見える演出になっていた。

また、「紅月」などSU-METALのソロ曲は、声の張りや伸びを精一杯聴かせる作りになっていて、アスリート的に力量を披露するものだ。一方、BLACK BABYMETALと呼ばれるYUIMETAL&MOAMETALのコンビ曲はラップ中心で、パパに戦略的に媚びる「おねだり大作戦」、2人で作詞作曲した冗談みたいな数え唄「4の歌」、乱暴な言葉で怒る姿おかしい「Sis. Anger」など、コミカルなテイストのものばかり。その意味では、BABYMETALのアイドル的な部分の多くを、YUIMETAL&MOAMETALが担っていたといえる。

機転がきいて愛嬌のあるMOAMETALに比べると、YUIMETALはおっとりした印象だがダンスにキレがある。身長差があった初期は姉貴分と妹分という色分けがはっきりしていたが、歳下2人の身体およびメンタルの成長で同格に近づいた。そういった側面はあったが、3人体制でいる間は、姉と双子の妹的な位置づけは維持されていたといえる。

ただ、海外進出を果たした後に発表された2ndアルバム『METAL RESISTANCE』では、1stアルバム『BABYMETAL』に収録された「ヘドバンギャー!!」、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」のような健気さとユーモアを同居させた曲は減り、それぞれの方向性を曲ごとに振り分けていた。また、アルバムの核となった「Road of Resistance」や「KARATE」など、真っ当に前向きな姿勢を歌った曲が増えたのも特徴だ。

海外公演のセットリストでもそうした傾向の曲が中心となり、初期に日本で作られたBABYMETALのイメージとは力点が移動してきた。アイドルや萌えのカルチャーが当たり前に流通している日本と、メタルフェスのような海外の空気との差を意識して方向性を変えたのかもしれない。

そうした変化のなかで、YUIMETAL&MOAMETALはコミカルな合いの手を入れるよりも、ダンスでSU-METALのボーカルを支えることのほうが比重は大きくなった。「Road of Resistance」でステージ上の3人がそれぞれ旗を持って立つ姿など、姉妹というよりも同じ目標へ進む同志たちの風情だった。可愛らしさよりも凛々しさが優先されるようになったのである。だから、YUIMETAL離脱後のBABYMETALが、複数ダンサーを加える形でライブを行うようになったのは、それまでのユニットの流れを踏まえれば理解できることだった。

2014年3月1日のYUIMETALがステージから転落した武道館公演を、私も会場で目撃していた。当日はその後パフォーマンスに無事復帰したし、翌日の公演にも出演したので元気であることに安心した。そんな過去もあったので、昨年12月からの離脱は一時的なものだろうと思い、そのまま脱退につながるとは予想していなかった。

YUIMETALは脱退に関するコメントで「水野由結としての夢に向かって進みたいという気持ちもあり、今回このような決断をいたしました」と語っていた。双子の片割れ、同志の一人としての彼女とは違う自身の姿を、いずれ見せてくれるだろう。新体制になったBABYMETALも新たな道を歩む。それぞれの今後に期待するしかない。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください