とんねるず・石橋が中居正広に仕掛けたサプライズで大反響 『うたばん』復活はあるか?

 11月7日放送の『UTAGE!秋のサプライズ祭り』(TBS系)は、中居正広がMCを務める3時間の音楽特番。さまざまなアーティストが入れ替わり立ち替わりでパフォーマンスを披露する中で、番組の最後にMCである中居を含む出演者と観客全員に対してサプライズが仕掛けられていた。

【アーティストの新たな一面を引き出したダウンタウン】

 平成のミリオンヒット曲を次々に歌う企画で、本来ならばKis-My-Ft2の横尾渉がとんねるずの『ガラガラヘビがやってくる』を歌うことになっていた。ところが、セットの壁を破って飛び出してきたのは、まさかの石橋貴明本人だった。思わぬ事態に中居もあきれたような表情を浮かべる中で、石橋は自身の持ち歌を最後まで歌いきり、中居と肩を組んでいた。石橋はこのサプライズを仕掛けるために、5時間前からスタジオに入って隠れていたのだという。

石橋と中居は1996年から2010年まで放送されていた音楽番組『うたばん』(TBS系)でMCを務めていた。『うたばん』コンビが久々の共演を果たしたことについてはネット上でも大きな反響があり、中には「『うたばん』を復活させてほしい」という期待の声もあった。

14年も続いた『うたばん』は熱烈なファンが大勢いる人気番組だったため、これだけの反響があったのだろう。これほど復活の声が高まった裏には、かつての『うたばん』のようなトーク主体の音楽番組が減っているという現状がある。

現在、さまざまな形の音楽番組が各局で放送されているが、MCとアーティストのトークを主軸にするような番組はきわめて少ない。スタジオトークがそれなりにあるのはいずれも深夜番組の『シブヤノオト』(NHK)、『バズリズム02』(日本テレビ系)ぐらいである。

トーク主体の音楽番組の先駆けとなったのは、1994年に始まった『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)だろう。この番組ではダウンタウンがMCを務めていた。当時のダウンタウンには音楽好きというイメージは全くなかったため、このキャスティングは斬新だった。

それまでの音楽番組では、司会者はアーティストの世界観を尊重して、気を使いながら話を聞くのが通例だった。ところが、ダウンタウンの2人は、アーティストに対して一切臆することなく、ズケズケと斬り込んでいった。そういうやり方でアーティストの素顔を見せたり、本音を引き出したりした。いわば、音楽の世界にいるアーティストを、バラエティの世界に無理矢理引きずり出したのである。そうやってダウンタウンに新たな一面を引き出されて人気を獲得するアーティストが大勢いた。

 1996年に始まった『うたばん』でも似たような試みが行われていた。『HEY!HEY!HEY!』の舞台セットが派手で近未来的であるのに対して、『うたばん』のセットは日常的で温かみのある雰囲気が漂っていた。石橋と中居は不良っぽい先輩と後輩のような関係を保ちながら、アーティストとトークを展開した。特に、モーニング娘。をはじめとする若い女性アーティストが出演したときに見せる石橋のセクハラまがいのイジり芸は絶品だった。

90年代後半から2000年代には『HEY!HEY!HEY!』と『うたばん』というそれぞれ毛色の違うトーク主体の音楽番組がゴールデンタイムで人気を博していた。この時代にはアーティストが単に音楽を聴かせるだけではなく、タレントとしても興味の対象になっていたのだ。

現在では、インターネットの普及によってSNSなどのツールが発達して、アーティストが自分たちのありのままの姿をファンに直接見せるのが難しいことではなくなった。そのため、アーティストの素顔を売り物にするトーク主体の音楽番組は激減してしまった。

現在の音楽番組には「多様化」「大型化」という2つの特徴がある。「多様化」とは、1組のアーティストを深く掘り下げる『SONGS』(NHK)、作り手にスポットを当てて音楽の魅力をさまざまな角度から分析していく『関ジャム完全燃SHOW』(テレビ朝日系)など、音楽番組の形式が幅広くなっているということだ。価値観が多様化して誰もが知るヒット曲が少ない時代だからこそ、音楽の楽しみ方を広げるような企画が求められているのだろう。

「大型化」とは、音楽特番の放送時間が年々長くなっているという現象だ。『音楽の日』(TBS系)をはじめとして、各局の音楽特番は4時間超えが当たり前になっていて、中には「13時間生放送」などもある。ネット配信で音楽を聴くこと自体は身近になったため、非日常体験としてのライブパフォーマンスを見せることがテレビの音楽番組の重要な役割になっている。時代のニーズに合わせてあり方を変えていく音楽番組は、これからも多くの人に必要とされる存在であり続けるだろう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください