iPhone XRの増産中止、理由は今は亡きアイツ?

なくなったらなくなったで、なんか…寂しい…です。

iPhoneを使い始めてから、ずーっと「とりあえずホームボタン」ってのが指に染み付いているんです。急にホームボタンがなくなると、どうしていいかわからない! これは、去年iPhone Xに変えた人が一足先に味わった寂しさですね。ただ、今年はiPhone XS、iPhone XS MaxiPhone XRのリリースで、より多くの人がこの寂しさを味わうことになります。この寂しさは耐えられそうにないので、iPhone XシリーズじゃなくてiPhone 8がいいって人もいるでしょう。…どうやら、Appleが思った以上に多くいるみたいですけど。

【画像】iPhone XRの増産中止、理由は今は亡きアイツ?

先日、iPhone XRの増産計画が中止されたという報道が出ましたね。今までにないカラー展開や、3つのiPhoneでは安価モデルなことで、Appleだけでなく世間も、それ相当の売り上げを期待していました。予約ペースはiPhone 8以上という話もありましたが、なんだかんだ予想より売れていないのかな。増産中止の理由は「需要の低さ」と報じられています。

いや、本当のところはまだわかりませんよ? 内部的な極秘事情があるのかもしれません。iPhone XSやXS Maxとの兼ね合いがあるのかもしれません。1万円も安くなったiPhone 8のお得感から、消費者が流れたのかもしれません。そもそも、ガジェットに関係ないスピリチュアルな何かなのかもしれません。だけどさ、需要の低さの理由の1つにホームボタンが恋しいってありますよね、きっと。一度慣れ親しんだものから離れるってハードル高いもん。

Appleは侮っていたのかもしれませんね、物理ホームボタンの安心感&安定感をさ…。

管理人コメント

管理者も元々はパソコンでアップルユーザーだったが、ウィンドウズに完全移行した理由がまさに今回のモデルチェンジによくあらわれてる。スティーブン・ジョブズはいつも破天荒な発想とプレゼンテーション能力を持つ天才であると同時にアナログ的なボタン等の遊びの部分も良く残す優れたクリエィターだった。が、経営陣はそこにボタンがある意味やデザイン性を無視して時代の流れに又乗ってしまった。
「技術的に出来るのにしない理由にこそアップルがアップルであるところだ。」

フルスクリーンは便利な物かもしれないが、それではアンドロイドと大差が無くなった現実をきちんと見るべきだ。ユーザーが何故アイフォン8や8plusを求めるのか?人は合理性ばかりを追求する生き物ではないと言う事が解っていないからこう言ったデザインが簡単にできて、画面拡大で巨大スマホ(昔のタブレットサイズ)まで大きく出来たのだろう。どんなメカでも、一度は大型化で高出力へ向かうのだがアップルは小型でハイスペックで敢えてホームボタンを付けるという非効率な合理性のあるデザインを考え出したのに残念な方向に進んでいるのは残念だ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください