日本郵便、翌日配達の縮小を検討

日本郵便が、手紙やはがきといった郵便物に関して差し出し翌日の配達の縮小を検討していることが15日、分かった。人手不足が深刻で、仕分けなどの深夜勤務を減らしたい考えだ。ただ利用者からサービスの低下につながるとの声が出る可能性があり、慎重に判断する。

郵便法は、郵便物を差し出し日から原則3日以内に配達することと定めている。実際は同一県内や近県では翌日中に届くことが多い。例えば東京都内で午後5時までに差し出した場合、関東地方の多くの地域や、東北・関西地方の一部で翌日配達される。

日本郵便では、翌日の配達に間に合わせるため、多くの従業員が仕分けで夜に働いている。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください