au、2022年3月末で3Gサービス「CDMA 1X WIN」を終了

KDDIおよび沖縄セルラーは、2022年3月末をもって3G携帯電話サービス「CDMA 1X WIN」を終了すると発表した。サービス終了後はau VoLTE非対応機種が利用できなくなる。

auでは、2003年11月に第3世代に位置づけられるCDMA2000 1xEV-DO方式のサービスとしてCDMA 1X WINをスタート。当時としては効率が高いパケット通信方式を採用したことで「ダブル定額」などの安価な定額サービスを実現し、その後の携帯電話コンテンツ市場の拡大を支えた。

その後、スマートフォンの普及によって、それまで以上に高速な通信環境が求められるようになり、携帯電話各社は第4世代のLTE方式を採用した。auでは2012年9月より「4G LTE」のサービス名称でサービスを提供。その後、2014年12月より音声通話をデータ通信で行う「au VoLTE」の提供が始まり、現在に至っている。

こうした環境変化の下、auでは、周波数の有効活用を目指し、ユーザー数が減少している3Gサービスを終了させることにした。新規受付については、すでに11月7日をもって終了している。

■au VoLTE非対応の4G端末にも影響

3Gサービスの終了に伴いCDMA 1X WIN対応の機種が利用できなくなるのは分かりやすいが、4G LTE対応の一部機種もこの影響を受けるので注意が必要だ。

前述の通り、4G LTEのサービス開始当初はau VoLTEが提供されていなかった。4G LTEのエリア整備には時間がかかり、その時点でVoLTEを導入すると通話できない場面が出てくるため、データ通信は4G、音声通話は3Gという形(CSフォールバック)での運用となったのだ。

つまり、au VoLTEが始まるまでに発売された4G LTE対応端末は、音声通話に3Gを利用しているため、3Gが停波すると同時に利用できなくなってしまうわけだ。KDDIによれば、音声通話だけでなく、データ通信も行えなくなる。iPhoneシリーズで言えば、iPhone 5/iPhone 5s/iPhone 5cがこれに該当する。

■対象機種からの機種変更の手数料を無料に、初心者向けのサポートも

サービス終了の案内にあわせ、影響を受ける端末のユーザー向けに、機種変更の契約事務手数料を無料とする施策が11月16日から実施される。

また、スマートフォンの利用に不安を感じているユーザー向けには、無料のサポートサービス「初スマホ安心サポート」が機種変更の翌々月末まで提供される。24時間体制の専用電話窓口でスマートフォンの基本操作や使いこなし方を質問できるほか、コミュニケーターが遠隔操作で設定などを手助けする「遠隔操作サポート」も利用できる。

スマートフォンの利用方法などを自宅で電話越しに受講できるレッスンや、初心者向けのガイドブックも1冊プレゼントされる。

管理人コメント

iPhone 5/iPhone 5s/iPhone 5cって販売している会社あったよね。僕もYモバイルでiPhone 5s契約してもうすぐ2年目、SEに無料交換なら3G閉鎖でもいいが、機種代金は取るわ年数区切るって最低な事だよね。総務省も過去販売した端末を他社で利用者がいてるのに、契約者だけの救済にしておいていいのか?使えなくなることが一番の問題だ。通信会社の好き勝手で過去にワイモバイルでもバンドが終了してデータカードが使えなくなるという最悪な状況もあったが、料金は下がらない上に旧機種は切り捨てる。こんな会社に免許出していていいのか総務省。これは官庁としての問題もある。
責任を取るなら機種にまで責任を取りなさい。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください