よっしゃあ!万博や 深夜の列島に響いた歓喜の声♪ダウンタウン「素晴らしい」

あの感動が再び-。1970年以来、55年ぶりに大阪に万博がやって来る。2025年国際博覧会の開催地が、パリで23日開かれた博覧会国際事務局(BIE)の総会で大阪に決定。誘致活動を進めてきた自治体や関西財界に喜びが広がった。2度目の大阪万博を契機に関西発のエンターテインメントを世界に発信したい-。誘致に協力したダウンタウンら関西ゆかりの芸能人もコメントを寄せた。

ダウンタウンの浜田雅功(55)、松本人志(55)は2017年から大阪万博誘致アンバサダーを務めている。大阪・御堂筋で開催される大イベント「御堂筋ランウェイ」に2年連続で出演するなど、万博誘致を懸命にPR。今回の開催地決定で、2年間の努力が実を結んだ。

2人はこの日、所属事務所を通じてコメント。

松本「素晴らしい! 皆さまの地道な努力の結果だと思います。ダウンタウンは何もしておりません 特に浜田(笑)」

浜田「素晴らしい! 皆さまの地道な努力の結果だと思います。ダウンタウンは何もしておりません 特に松本(笑)」

漫才そのもののやり取りで笑わせた。

2人は17年3月にアンバサダーに就任。全国的な知名度をいかし、大阪万博実現に向けた機運を盛り上げてきた。今月4日には、昨年に続き「御堂筋ランウェイ」にそろって登場。松井一郎大阪府知事(54)、吉村洋文大阪市長(43)と“最後のお願い”に精を出した。

浜田の父は塗装職人で1970年の大阪万博でソ連館の壁のペンキを塗った縁もあり、松井氏は「万博開催が大阪に決定したら、今回は浜田さんにパビリオンのペンキを塗っていただこうと思っています」と語り、観衆を沸かせていた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください