SNS映えが魅力、広がるポップな虹色フード

綿あめ、チーズサンド、ドーナツ……発信地は原宿

 鮮やかな「レインボーカラー(虹色)」の食べ物が人気を集めている。目を引く色とポップなかわいらしさ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)での写真映えが魅力だ。家で手作りする人も増えている。

流行の発信地になっているのは、東京・原宿の竹下通りだ。綿あめ専門店「トッティキャンディファクトリー」は、5色が層になった「レインボーわたあめ」(税込み900円)を販売している。直径が45センチほどもあり、多い月には約2万5000個を売り上げる人気ぶりだ。

店員がカラフルな綿あめをぐるぐると巻く様子を眺めていた女性美容師(32)は「SNSで知って、興味を持った。想像以上に大きくてきれい」。一緒に来店しためい(4)も「かわいい虹色」と笑顔になった。

ピンクはイチゴ、黄色はレモンなど、色と味のついたザラメを開発し、3年前に商品化。現在は、大阪、広島にも出店する。

「かわいくてポップなものを期待して原宿を訪れる訪日観光客や家族連れに受けている」と、運営会社「シュガーファクトリー」(奈良)の担当者は話す。綿あめ人気を受けて、5月にはレインボーカラーの食品を集めた「レインボースイーツハラジュク」も開店。6色6味を楽しめる「レインボーロールアイス」(950円)などを扱っている。

 同じく竹下通りにある「レ・シャイナー」は、昨年11月から「レインボーチーズサンド」(1080円)を販売する。5色に色づけしたモッツァレラチーズを食パン2枚にはさんで香ばしく焼いたホットサンドだ。パンをちぎると、チーズが伸びて虹のように見える面白さがSNSを通じて動画で発信され、幅広い世代の支持を集めている。

レインボーカラー人気の背景には、かわいい写真や動画をSNSで発信したいという消費者のニーズがある。

家で手作りする人も増加

 自宅でレインボーカラーのケーキやクッキー、ゼリーなどを手作りする人も増加中だ。

料理レシピサイト「クックパッド」では、食品用の着色料を使ったホットケーキやドーナツなど、「レインボー」の名を冠したレシピが200件以上投稿されている。サイトを運営する「クックパッド」(東京)によると、2014年ごろから増え始め、現在はスイーツに加え、パンやロールずし、ピザなどにも広がっている。

「手軽でおいしいだけでなく、見た目のかわいさをレシピに求める傾向が年々高まっている。少し手間がかかっても、流行中のレインボーカラーに挑戦し、子どもや友人を驚かせたいという人が多いようだ」(クックパッド広報)。

日本色彩心理学研究所(神戸)の主任研究員、高橋水木さんは「虹色は黄や赤などの明るい色と、青や紫といった暗い色の両方を併せ持つことから、パワフルさや神聖さを象徴する。人の日常を超えたところに存在する色合いだけに、非日常を楽しみたい人の心をとらえているのでは」と話している。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください