任天堂、プレイ動画の投稿認めるガイドライン公表 非営利ならOK、指定のサイトで収益化も

任天堂は11月29日、いわゆる「ゲーム実況」など、同社のゲーム画面を含む動画・静止画投稿についてのガイドライン「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」を公表した。プレイ動画の個人による非営利の投稿や、「YouTubeパートナープログラム」などを使った収益化を認めている。

 

YouTubeパートナープログラムの公式ページより

あわせて、YouTubeに投稿された任天堂ゲームのプレイ動画の広告収益を動画作者とシェアする「Nintendo Creators Program」を12月末に終了すると発表した。

新ガイドラインでは、任天堂のゲーム画面を使った動画や静止画について、YouTube、ニコニコ動画、Twitterなど「適切な共有サイト」への投稿・ライブ配信を、個人・非営利での投稿に限って認めることを明文化した。

投稿コンテンツには、「お客様ご自身の創作性やコメントが含まれた動画や静止画が投稿されることを期待している」としており、ゲーム実況やゲーム紹介などを認める。一方で、ゲームのプロモーションビデオの転載や、サウンドトラック・ムービーシーンの転載などは「ユーザーの創作性やコメントが含まれない」として投稿を認めない。また、法令違反の内容や公序良俗に反するもの、チートやクラッキング、不正アクセスなどに関連する投稿も認めない。

動画の収益化については、「YouTubeパートナープログラム」のほか、ニコニコ動画/生放送の「クリエイター奨励プログラム」、Twitchの「Twitchアフィリエイトプログラム」「Twitchパートナープログラム」、OPENREC.tvの「OPENREC Creators Program」など同社が指定するシステムを利用すれば投稿を収益化することもできると定めている。

あわせて、YouTubeに投稿されたプレイ動画について、広告収益を動画作者とシェアする「Nintendo Creators Program」の新規受け付けと審査を停止。12月末に終了し、Webサイトも来年3月20日に閉鎖する。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください