吹田ホームセンター火災 出火原因は“ボタン電池のまとめ置き”か

28日、大阪府吹田市のホームセンターコーナン千里山田店」が全焼した火事で、従業員が防犯タグのボタン電池をまとめて置いていたことが原因で出火したとみられることがわかりました。

28日、吹田市のホームセンター「コーナン千里山田店」で起きた火事は2階建ての建物約3000平方メートルが全焼しました。けが人はいませんでしたが一時、周辺住民ら約180人が避難しました。

その後の警察の捜査で、火事の前日の夜に従業員が店舗1階のサービスカウンターの棚に古くなったプラスチック製の防犯タグから取り出したボタン電池をビニール袋にまとめて入れて置いていたことがわかりました。店の防犯カメラには、棚の袋から火花が出て周りに飛び火していく様子が映っていたということで、警察はボタン電池同士の接触が原因で出火した可能性があるみて捜査しています。

管理人コメント

ボタン電池の扱いは本当に気をつけないと、保管方法もそうだが個別ビニール保管とか買ってきたケースをそのまま置いておいて、使用後箱に入れるほうがいいと思われる。
日本人ならではのまとめて収納する文化のお陰だろうが、今回の火災はまとめてはいけないものまでまとめた結果だろう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください