最大5億人、米ホテル利用者の個人情報流出か

【ニューヨーク=有光裕】米ホテル大手マリオット・インターナショナルは30日、傘下で運営している「シェラトン」や「ウェスティン」などのホテルの予約システムがハッカー攻撃を受け、最大約5億人の利用者の個人情報が流出した可能性があると発表した。


流出したのは、シェラトンやウェスティンなどを2014年以降に利用した人の情報だ。6割以上にあたる約3億2700万人については、氏名や電子メールアドレス、電話番号、パスポート番号、生年月日などが含まれる。暗号化したクレジットカードの番号が流出した人もいるという。

影響を受けた人には個別に連絡する。ハッカー攻撃を受けたのは、16年に買収したスターウッド・ホテルズ・アンド・リゾーツ・ワールドワイドの予約システム。米国のデータベースに侵入されたことが今年9月に発覚し、調査していたという。

マリオットは世界最大のホテルチェーンで、世界各地で約6700か所の施設を運営している。

管理人コメント
 まあ、私自身はこんな高級ホテルに泊まれるわけではないのだが、ハッカー攻撃の恐ろしさを思い知る出来事だ。私自身が運営するサイトはカード情報はカード会社様の方へ転送して当方でのシステムでは管理してない状況です。これはセキュリティの観点を考えても、自社で出来るセキュリティと他社にお任せすべきセキュリティを別けることにより安全マージンを取るのが最良だと考えるからです。自社でカード情報を保持するのも理想ですが、手間がかかっても一極集中の個人情報システムには不安を感じる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください