あの人気コミックが丸ごと電子書籍に!「全巻一冊」シリーズが秘めた可能性

クラウドファンディングサーヴィス「Kickstarter」の日本版がスタートした2017年9月、当時わずか2カ月で2,293万6,350円を集めた“モンスター企画”があったのをご存知だろうか。

【動画・画像ギャラリー】あの人気コミックが丸ごと電子書籍に!

「全巻一冊 北斗の拳」と題したこのプロジェクトは、武論尊・原哲夫の名作『北斗の拳』をA5サイズの書籍型電子ペーパーに収めた製品だった。『北斗の拳』はコミック本で全27巻という巨編である。だが、スマートフォンや電子書籍リーダーで本を読むことが普通になったこの時代、長編の作品をコンパクトにまとめることに特別な目新しさはないように思える。

ところが、全巻一冊はクラウドを超えて成長を続け、今年7月に一般販売が始まった。これまでに『北斗の拳』のほか『NARUTO
-ナルト-』などがリリースされ、12月13日には『頭文字D』『沈黙の艦隊』『ジパング』『静かなるドン』の4タイトルが発売された。さらに2019年2月以降には、『DEATH NOTE』など6タイトルの発売が計画されている。

電子書籍ではない“革新的な電子本”を謳うこの製品、何がそれほどまでに人々の心をつかんだのだろうか。メモリーカードを差し込むカセット式

全巻一冊は一見は普通のコミック本のようだが、開くと2枚の電子ペーパーが現れる。こう書いてしまうと市場に出回る電子書籍端末との違いがよくわからないが、最大の特徴はネットワークやほかのデヴァイスとの接続機能が一切ない点にある。

コンテンツはダウンロードではなく、メモリーカードを差し込むカセット式で、端末へのデータの保存はできない。つまり、本体にセットした専用カセットに入っている漫画しか読めないのだ。また、ケーブルをつなぐ端子などは一切ないため、充電式ではなく乾電池で動くようになっている。

時代に逆行している感すらある。しかし、プロジェクトを率いたプログレス・テクノロジーズ取締役の小西享がこだわったのは「没入感」だという。小西は「漫画が好きな人なら、お気に入りの作品を読んでいて時間を忘れるような経験をしたことが絶対にあると思うんですね」と話す。

そうは言っても、紙ではなくデータ化された漫画を電子機器で読んでいて、そんな状態になるのだろうか。

スマートフォンならプッシュ通知で現実に引き戻されるし、Kindleのような電子書籍専用端末でも、ちょっと飽きたらボタンひとつで他の作品を読むことができる。「でも、それはちょっと違うし、残念だなと感じていました。子どものころみたいに漫画を読むことができたらいいなと考えたら、この形になったんです」

ネットに「つながない」という選択

コンテンツ業界では「immersive experience(夢中になる体験)」という言葉がよく使われる。ゲームメーカーなどが拡張現実(AR)といった最新のテクノロジーを駆使してユーザーを夢中にさせようとしているのに対し、全巻一冊はそれとは真逆に、ひたすらアナログに向かうことでこれを達成しようとしているのだ。

また敢えてネットに「つながない」ことを選択したのには別の理由もある。小西は「開発の段階から、本体もコンテンツも書店で売りたいと考えていました」と説明する。それもネット書店ではなく、現実世界の「リアルな書店」だ。

製品は現在、TSUTAYAの一部で店頭販売されている。オンラインでも販売はしているが、小西は実際に書店の棚に並ぶことの意味は大きいと考えている。

店頭に置かれる漫画の大半は通常は新刊だ。書店が星の数ほどある過去の作品をどれも全巻揃えて在庫として抱えるのは物理的に不可能で、このため過去の名作と巡り合うのはどんどん難しくなっている。小西自身、コンテンツの版権交渉などで出版社を訪ねたときに昔読んでいた漫画を見かけて、「ああ、こんな作品あったよな。また読みたいな!」と思ったことが何度もあるという。

全巻一冊のような形状なら、リアル書店でも多くの作品を置くことが可能になる。これまでは埋もれていた作品の販売機会を創出することができるのだ。「本屋で時間をつぶしていたら運命の漫画に出会う可能性だってあるわけです」あの巨匠を動かしたディスプレイの表現力

また、専用カセットはSDメモリーカードと同サイズなので、手のひらほどのスペースさえあれば全タイトルを販売できる。だが、「棚に並べることができる」ように本体と同じA5サイズのパッケージを用意した。

小西は「買ってからも家の本棚とか見えるところに置いておければ、何回も読む気になると思うんですよね」と続ける。確かに、デジタルコンテンツは購入しても一度読めば、その存在を忘れてしまうことが多い。全巻一冊の各タイトルのように「積ん読」することができれば、折に触れて読み返す機会もあるだろう。ついでに、一部タイトルのパッケージカヴァーは描き下ろしという嬉しいおまけもある。

カセット式で端末内にデータを保存しないやり方には、もうひとつ利点がある。一般の電子コンテンツは、ダウンロードという販売方法に加え、限られたストレージにたくさんの本を保存するために、データをJPGにした上でサイズも30~40MB程度に圧縮する。しかし、メモリーカード式であれば、そうした制限はなくなる。

小西は漫画は絵画であり芸術作品だと強調する。「だから、開発中も画質の部分での妥協は絶対にしないぞと決めていました」

このため、全巻一冊シリーズではすべてのタイトルをデータから作成し直し、画質を究極まで追求した。漫画に特化しただけあって、手に取ると確かにその画像の美しさには驚かされる。細かな線の消えやかすれは最小限に抑えられ、既存の電子書籍リーダーでは読みにくくなってしまうような小さな文字も、鮮明に表示されている。

『ゴルゴ13』で知られるさいとう・たかをも、その描画力には動かされ、数多い自作のなかでも最高の画力で描き切ったという時代劇作品『無用ノ介』の原画を提供したという。まさに、伝説の巨匠をも唸らせたのだ。

版権交渉には苦労も

一方で、通常の電子書籍端末とは大きく異なるため、出版社との版権交渉は簡単には進まなかった。コンテンツはデータ化するがダウンロード販売はしないといった、これまでにないやり方を理解してもらうのに時間がかかることもあったそうだ。

そんな状況で、作品を大切に管理する出版社各社との契約にこぎ着けることができたのは、Kickstarterにおける成果物としての『北斗の拳』という実績があったからこそだと、小西は話す。

クラウドファンディングの時点ではコアなファンだけを対象にした少し毛色の変わったプロダクトという紹介のされ方をすることもあったが、実物を見た業界関係者の反応は上々だった。興味はもたれた方はぜひ実物に触れてみていただきたい。なお、価格は端末本体が税別35,000円、カセットはタイトルによって5,100円~37,500円となっている。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください