【事実なら追放レベル】カリスマYouTuberヒカルの“ネットセクハラ”を被害女性が告白

 人気YouTuberのヒカル(27)が、ファン女性に対してインターネットを介したセクハラ行為に及んでいたことがわかった。被害女性A子さんが「週刊文春デジタル」の取材に応じた。

 ヒカルといえば、金を派手に使う企画の動画で人気を博し、中でも縁日のくじ引きに当たりが入っているのかを検証した「祭りクジの闇を暴く」という動画は、3000万回以上も再生され、チャンネル登録者数は289万人以上にのぼる。

 2017年の“VALU騒動”で、トレードマークの金髪を黒く染めてYouTube上で謝罪し、無期限の活動休止に突入したヒカル。だが、約2カ月後の11月18日には活動を再開した。最近では、同じくYouTuberの「怪盗PINKY」と「カル×ピン」というユニットを組み、アーティスト活動も行っている。

 復帰後は以前よりも活動の幅を広げ、人気を集めているヒカルだが、プライベートではその人気を利用し、ファンと性的な関係を持っていた。

 関西在住のA子さん(24)は忸怩たる思いを口にする。

「下着姿や全裸の画像を送れと言われて、つい送ってしまったんです。送らなければよかった……。一度でも要求を断ってしまうと嫌われて縁を切られるのではないか、という思い込みから、嫌な気持ちを殺して、応えるようにしていました」

 A子さんは2018年11月24日に大阪のイベントホールで行われたヒカルの“チェキ会(撮影会)”に参加。その日の夜、ヒカルのTwitterアカウントの1つである“ただのカリスマ”から「今日はありがとうな」とダイレクトメッセージ(DM)が来たという。

 ネットの“カリスマ”からの特別扱いに舞い上がったA子さんはすぐに返信。しかし、やりとりをしていくうちに、ヒカルからのメッセージが〈お前は俺の奴隷。わかった?〉〈調教おねだりしてみろ〉〈俺のためにえっちな写メ送れ、見てあげるから〉といった卑猥な内容ばかりになったという。

 ヒカルの要求はさらにエスカレート。結局、A子さんは下着姿や全裸の写真を送ってしまった。今でもヒカルの手元に写真が残っていることに恐怖を感じているという。

 1月11日、ヒカル本人に直撃取材をしたが、小誌記者の問いかけには無言。所属事務所である株式会社VAZは「所属クリエイターのプライベートについては本人に任せております」と回答した。

「週刊文春デジタル」の オリジナル記事 では、”ネットセクハラ”の詳細を含めて報じている。また、 完全版動画 では、A子さんの告白内容を詳しく伝えている。

これが事実なら、許されないことだ。

 最近のネット業界は規制に次ぐ規制で、先行者のみ富を得る状況であるのは、先行者が犯罪や準犯罪行為に近い行為を行った結果、現在では動画作成者もかなりの規制のもと動画作成を余儀なくされている。現状の規制範囲内で留める為にもこれ以上常識を逸脱する動画作成者は許すべきではないだろう。
  人気YouTuberのヒカル(27)と言えば、お金を派手に使うと言う事で有名だが、 闇スロ 等と言う本来お金が掛かっていれば、完全に違法な動画を上げているのでも有名である。もし、これがやらせの闇スロ なら、完全にやらせ動画でありスパム行為と言えなくもなく、 YouTubeより広告はく奪される行為なのだが 活動しているのは不思議だ。
所属事務所である株式会社VAZ も責任回避で一生懸命になってると思われるが、タレントと同じと考えれば管理責任も問われかねない事件である。今後のネット業界やIT関連で働く物としては、このような事を有名人だからという事で許されるのは大問題である。また、このヒカルという人物は 仮装株式市場である「VALU」 で 同じYouTuberのラファエルと、禁断ボーイズのいっくん と共に
煽って値上げりしたVAを売却して 投資家たちには多額の損益を出した人物である。当時は仮想通貨に風評を流して法的な罰則が無かった為、前科にはなりませんでしたが、通常の投資(株式取引)で言えば証券取引法違反に類する行為である。彼の動画が事実であるならば、 闇スロは確実に犯罪です。それが嘘なら虚偽の情報を流していると言う事で更に別の問題があると言う事である。
 そんな彼が今回したと思われる行為は、真実であれば彼のチャンネルを登録して資金を提供しているユーザーのモラルも問われる事になるだろう。

 全ては、YouTubeを利用するあなたのモラルが問われる事態になってるのです。ここで許すも、拒絶して処罰するもユーザー次第で今後の法改正も変わるのです。私は強制はしないが、選ぶのはユーザーであるあなたなのです。

 最後に、個人的な意見を言わせていただければ、ネットの世界は平等であり自由であるべきだと思うのだが、それは各国の法律を順守して出来る限り法律の規制を受けない状況を我々が維持して次の世代に残すものだと思う。これさえ出来るのであれば、個人的な意見を自由に言う事や、動画にすることは否定する気はない。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください