“あおり運転”に異例の殺人罪 被告【これだけ事件があってまだ解らないのか?】被告「事件でなく事故」 大阪

去年、堺市で大型バイクに乗った大学生を車で執ようにあおった末に追突して死亡させたとして、あおり運転では異例の殺人の罪で起訴された男の裁判が始まりました。被告があおり運転を否定したのに対し、検察は殺意があったとしてドライブレコーダーの映像を法廷で再生しました。

去年7月、堺市の府道で大型バイクに乗っていた大学4年生の高田拓海さん(22)が乗用車に追突され死亡しました。

検察は、乗用車を運転していた堺市の元警備員、中村精寛被告(40)がバイクに追い抜かれたことに腹を立て執ようにあおったうえで故意に追突したとしてあおり運転では異例の殺人の罪で起訴しました。

15日から大阪地方裁判所堺支部で裁判員裁判が始まり、中村被告は事故を起こしたことを認めた一方で「故意に衝突させたことや腹を立てて追跡したことはありません」と述べ、あおり運転を否定しました。

また弁護士は「ブレーキをかけたが間に合わなかった。事件ではなく事故だ」として過失運転致死の罪にとどまると主張しました。

一方、検察は被告に殺意があったのは明らかだとして、法廷でドライブレコーダーの映像を再生しました。

映像には激しくクラクションを鳴らしながら猛スピードでバイクを追いかけ追突するまでの一部始終が映っていて、最後に被告が「はい、終わり」と言う声も記録されていました。

懲りない奴らが多すぎる。

 実は筆者も昨日、T社の最高位級ブランドLに煽られたのだが、前も詰まってるので、ポンピングブレーキを踏み、速度を落とすよと合図したら行き成り車線変更して高速で150~160h/kmで猛烈に抜き去って行きました。
 そもそも、後ろにベタツキで付ける意味があるのかと思う。事故が起きてからでは遅い事は、煽り運転 石橋和歩の事件でも明らかなはずだ。幾ら事故だと言っても犯罪は犯罪。今回の事件も殺意はないという主張をしているが、危険でもなく、速度さえ落とせば自分の場所を知らせる必要もないのにクラクションを鳴らしながら走行している時点で故意の殺害と言われても仕方がないだろう。
 今回の被告は40代・石橋は20代と交通法規が厳しくなってから免許取得した世代がこの様な事を行う事が誠に不可思議である。
 最後に、人の命を何と思っているのかそれを問いたい。隠れて検問している警官に卑怯なことするなと警察署に文句言いに行く根性もないのに、弱いものと断定したら攻撃性を上げるその根性は、とても日本男児とは思えない。

個人的な意見だが

 交通法規を出来る限り守っていても、事故はあるのに煽り運転など言語道断である。それなら姑息な手段で取締している警官の管轄所に文句でも言いに行きやがれ。そんな根性ないくせに一般人を危険な状況に追い込むな。こんなやつらが居てるから、40代は馬鹿が多いとか20代は常識が無いとか言われるんだ。
全て、貴様らの責任で同世代の人間は迷惑してるんだ。一生出てくるなとみんな思っているはずだ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください