2020年にウィンドウズ7の保守終了ウィンドウズ10の移行が進んでいないのか?

 日本マイクロソフト(MS)は15日、2020年1月に保守サービスを終了するパソコン用基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」からの切り替えを中小企業に促す対応策を発表した。大企業や自治体の切り替えは進んでいるが、中小企業は保守サービス終了の認知度が6割にとどまり、対応が遅れている。

 保守サービス終了後はセキュリティーやシステムを保護するためのプログラムが配信されなくなり、不正アクセスやコンピューターウイルスによる情報漏れなどの危険が高まる。MSは最新OSのウィンドウズ10が搭載されたパソコンへの移行を促しているが、今月時点で国内で使われているウィンドウズ7は法人・個人の合計で約2700万台に上り、MSが提供する国内OSの半数近い(MM総研調べ)。現状ではサービス終了時でも約1750万5000台が残ると予測され、MSは2~3月に全国7都市で中小企業向けの告知活動を実施、移行支援も強化する。

 東京都内で15日に記者会見した平野拓也社長は「東京五輪で世界的に注目される20年はよりセキュリティーリスクが高まる」と切り替えを呼びかけた。

ウィンドウズ7の完成度の高さと10への移行時に起きたトラブル

 筆者もあったのだが、自動でウインドウズ10へのアップデートがかなり厳しくて当時ドライバー等の関係やソフトウエアの対応の問題でアップデート出来てなかったことがあったPCが複数存在していた。また、アップデート後戻せなくて大変な思いをしている知人もいて、無料アップグレード期間をもう少し延ばすべきだと当時は思っていた。
今後は、PCの速度が必要になれば買い替えのニーズも上がると思うのですが、スマホの買い替え頻度が多すぎる為、PCにどれだけのお金を出せるのであろうかと危惧せざる得ない状況だと考えます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください