Netflixが米国でまたしても値上げってどうなってるの?

Netflixが米国にて月額料金を再び引き上げることにしたようだ。
CNBCの報道によると、Netflixはベーシックプランの料金を月額8ドルから9ドル(約870円→980円)、スタンダードHDプランを11ドルから13ドル(約1200円→1400円)、4Kのプレミアムプランを14ドルから16ドル(約1520円→1740円)に値上げする。
ベーシックプランはSD解像度の映画/ドラマをひとつのデバイスでストリーミングできる。スタンダードはより高画質で2つの画面で同時視聴可能。プレミアムは4K映像が最大4台のデバイスで同時視聴可能となる。

報道によると、今回の料金改定は13~18%の値上げとなり、Netflix史上最大の値上げだという。この料金改定は新規加入メンバーには即座に適用され、既存メンバーには数カ月のうちに新料金が適用される。2007年のローンチ以来、Netflixが米国で料金を値上げしたのはこれで4回目。
料金改定に伴い、Netflixの株価は6%上昇。これまでの傾向からして、値上げは投資家に利益をもたらすからだ。

値上げ自体は珍しいことではないが、Netflixはハリウッドのどの映画スタジオよりもコンテンツに出資していたり、自社の製作スタジオを購入したりと、巨額の出資が続いているので、そのコストを賄うための値上げかもしれない。

Netflixは相変わらず大きな成功を収めているが、ディズニーのストリーミングサービス「Disney +」が今年米国でサービスを開始することもあり、トップの座を維持するためには高品質のコンテンツを引き続き提供し続ける必要がある。

安い価格で誘引しすぎて収支が合わないのか!?

 そもそも、多種多様な動画を扱うので某アニメストアや某音楽など、特化していればコストダウンも可能だと思われるが、日本で言うところの1000円以下の動画配信サイトは基本的に今後の値上げはあるのかもしれない。AMAZONは物流を扱い会員の流入を目的にしているから十二分に元は取れているだろう。
 日本でも価格破壊後の定価の概念が無くなって、我々客側も払った金額以上にサービスを求めるところもある為、粗悪品をつかまされることが多い。ただ、我々も画像などを添付して不具合な場所を出来るだけ明確に店やメーカーに提示する必要があるだろう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください