「バカスタグラム」流行? 変わる“バイトネットテロ”自爆で終わる損害賠償

 「すき家」の店員が股間に調理器具をあてがい、「くら寿司」の店員が捨てた魚を拾ってまな板に戻す……
Twitterなどで拡散したため「バカッター」とも呼ばれたが、実際は、Instagramの「ストーリーズ」に投稿された動画。

10年前はmixiやニコ動だったのが、今では 拡散率が高い Twitter から
Instagram と変化してきて、つい最近でも中堅芸能人も問題動画が拡散されたが事務所の削除依頼で消された経歴を持つ筆者です。
 すでに、悪い事をすれば消えないような時代へと変化した。日本人のモラルが維持できた時代では良かったが、親世代もモラル崩壊時代にかかってきたのか、異文化人の日本流入があったのか、犯罪レベルの画像・動画の投稿が発生してきた。YouTubeでもサムネイム詐欺が未だに起こっている。
 ここで一番大事なことは、もう一度常識を思い出して子供を教育し直す必要があるだろう、企業から損害賠償が起きてからでは遅いんだと教育すべきだ。
その行動の責任で、多くの従業員やアルバイトが職をなくし企業も店舗閉鎖に費用がかかる。そのまま営業出来れば

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください