あなたの周りに居ませんか、約束を破る知人や友人(時間泥棒)

 私は、約束を直前で破る人間や時間を過ぎてから破る人間を時間泥棒と言い、友人関係や知り合い関係を止めます。
『えっ!』と思われる方も居られるとおもいますが、基本的には3カウントでアウトにしています。そのルールを紹介したいと思います。

約束を破る人のせいで、ストレス抱えてませんか?

 自分が時間を空ける為に、精一杯努力したのに突然約束を破られるとストレスになりませんか?私はかなりのストレスになります。

 約束を破りやすい人の特徴(個人分析)
1.電話で結論を言う前の話が長い。
基本的にどの様な話で電話してきたのか不明で話を聞いていたら、前置きが長いだけで関係ない用事だった事や、用事が無かったことなどありませんか。この様な人は危険です。

2.物忘れの激しい人
同じ話を聞いてもないのに何度も話してきたり、その話は聞きたくないと言っても繰り返ししてくる人間、個人的身体の都合を説明しておいても忘れる人間。

3.昔のことをずっとネチネチ繰り返言う人
この様な人は、前を向いて生きてない。過去に自分を置いてきた人であり未来に生きる人間とは絶対に一緒に歩めません。

4.怒りをコントロール出来ない人
こう言う人は、そもそも感情で物事を判断する為、言った事、やった事を忘れる方が多いです。直情的で暴言を吐く人には気をつけましょう。問題定義をせずに相手より答えを言わそうとする等最低な行為を行う事がある人も同じです。

5.人を軽視する人(友人が多すぎる人)
基本的に何でも話せる友人が多い人物は危険です。友人関係が広ければ広いほど一人の人物を軽視する方向にあります。

時間は有限資産です。この意識があれば約束は破れない。

 約束を破る人は、個人の資産を軽視する方向が高いのです。そして自分だけが得をしようと動き回る人が多いのです。基本的に自分のミスに気付いた時点で時間の調整をすべきである。なので私は3カウント制度を取っています。
ドタキャンの定義ですが、私は凄く甘く当日約束の時間の1時間前ならドタキャンにカウントしません。また、家庭の事情(病気・怪我・祝い)等もカウントしません。
・一番最低なのは、忘れて他人と会っている。(相手に出来ないレベル)
 これはもはや自分と会う事に対して価値を見出してないと言う事で前科があれば二度と会う事が無くなるレベルです。馬鹿にされてる証拠で、電話でも話す必要もないレベルです。友人知人付き合いする必要もありません。
・約束の場所に言って連絡したら、言い訳始まる。 (相手に出来ないレベル)
 ありえませんね、言い訳するなら先に連絡入れろと思う。会社の用事でも急遽な事もあるだろうが、約束の時間に電話して突然言い訳されても困るだろう。こちらの状況も考えず適当にされてる証拠である。

 こんな私でも、寝坊や準備に時間での遅れなどは気にしません。慌てて来て事故を起こしたり、怪我をしたりするくらいならゆっくり安全に来てもらえる方が安心です。この様なミスは人間生きていれば、それなりに起こります。その事に対して目くじら立てて怒るよりスマホなどある現代では、別の事して待てばいいと思っています。読書なども可能なので有効に時間が使えます。
これは、筆者個人的な見解です。人によっては1分1秒も許せない人がいてるので、5分前行動が普通の日本人の方が多いので注意しましょう。

私は、ウソツキが駄目だと言ってるのではない。

 約束をその時刻になり破る行為とウソツキは別物である。円滑に生活を行う為には嘘も必要である。私は遅刻は完全に約束を破ったとは思わない。時間を開けさせといて確約しておいてこちらから連絡した時に、本日会えないと言う事が約束破りである。こう言う人物とはビジネスの話もしてはいけません。基本的に裏切られます。(個人的過去の経験)
 この世の中で真実を見つけるほうが難しいのかもしれません。心理の部分であり嘘≠裏切りだと思います。清廉潔白など人が生きてる限り存在しない。もし人類がその域に達成すれば、全てを超越した存在になるだろう。その時は人類が絶滅する瞬間だと思っています。
 ちょっと小難しい話になりましたが、結論から言えば・・・
合わない人間と無理して付き合う必要はないと言う事です。仕事上では話は変わりますがプライベートな時間は人生の中でも有限な資産である。その資産を浪費させる人と考えれば結構割り切れます。
 
『あなたは自分の財布からお金を抜き取る泥棒を友人と呼べますか?』

 友人や知人は選んでも良いのです。むしろ選ぶべきなのです。
過去、自分を都合よく利用した人間や都合が悪くなると離れた人間は相手にするだけ時間の無駄です。行き成り切ることなどできないと思いますが、徐々にフェードアウトしてスルーしていくのが一番最良である。
 ただ、時間泥棒ほど交友関係は何故か広いのである。なのでその繋がりは全て切れると思った方がいいでしょう。逆に考えれば、その友人も時間泥棒の可能性があるので資産を守ったと考えても良いと思います。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください